DIY

おいしく調理できる魔法の鍋!見た目も可愛い「ストウブ」で海外風の食卓♪

冬の寒い時期は、温かいお家の中でアツアツのお料理を食べて、身体の芯から温まるのが幸せですよね。フランスのストウブ社が製造する鋳物のお鍋「ストウブ(STAUB)」は、香りを逃さずジューシーなお料理を作ることができる話題の料理器具です。レストランのシェフも愛用するストウブは、海外風の可愛い見た目もあって大人気!食卓にもそのまま出せる、おしゃれなストウブで冬のほっこり鍋料理を作りませんか?

冬はあったかい鍋料理が食べたい!

寒い冬の時期には、お家の中にこもって家族みんなで食卓を囲みながら身体の芯からあたたまる温かいお料理を食べたいですよね。
そんな時に欠かせない調理器具といえば、お鍋。
中でもぽってりとした見た目が愛らしい「ストウブ鍋」がSNSで話題になるほど人気なんですよ。

ストウブ鍋とは?

ストウブ(STAUB)鍋とは、フランスのストウブ社が製造する鋳物のお鍋のことです。
1974年に、プロが使う本格的なお鍋としてフランスの三ツ星レストランのシェフによって開発されました。
それから世界各地に広まり、今では世界中の料理人たちから愛されているお鍋なのです。

おいしく作れる理由

Amazon|staub ストウブ ラ・ココットde GOHAN M バジルグリーン|両手鍋 オンライン通販

Amazon|staub ストウブ ラ・ココットde GOHAN M バジルグリーン|両手鍋 オンライン通販

Amazonで見る
料理人たちによって開発されたストウブ鍋には、お料理をおいしく作ることができる理由があります。
エマイユ加工がされており、鍋の内側に熱をまんべんなく通すことができます。
さらに、耐久性も備わっているので長く愛用できます。
ストウブ鍋の内側はざらざらしており、この凹凸によって油が料理にほどよくなじむ効果があります。
ストウブ鍋のふたの内側には小さな突起があり、「無水調理」と呼ばれる水を入れずに食材の水分のみで料理する方法が可能となっています。
食材から出た水分が蒸気となって、鍋のふたの裏側についた突起をつたい水滴となって食材に落ちます。
こうして食材のうまみが凝縮された水分が循環することで、ジューシーな調理ができるんですよ。

ル・クルーゼとの違い

最大の違いは、やはり無水調理ができるかどうかです。
ル・クルーゼは内面がつるんとしているガラス質なので、ストウブ鍋のような無水調理はできません。
ストウブは保温性が高く、フタをしたままオーブンでの調理もできるんですよ。

ぽってり感が可愛い♡

ストウブ鍋が高い人気を誇っているのは、もちろんおいしく調理できることも理由になっていますが、はやり見た目の可愛らしさが人気です。
ぽってりとしたカラフルなお鍋は、そこにあるだけで海外風のインテリアのよう。
キッチンがおしゃれに見えるので、料理に対するモチベーションもあがりますよね♪

食卓にそのまま出せるよ

おしゃれなストウブ鍋は、食卓にそのまま食器として出すこともできます。
美味しいできたてのお料理を、ほかほかのまま家族みんなで囲むひとときが楽しめますよ。
ぜひストウブ鍋を、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?
Share:
yoshiko