DIY

車のシートカバーをDIY!洋服やはぎれ布をリユースして手作りできるよ♪

車の座席や背もたれに、カバーをかけて使っていますか?車のシートカバーは、汚れ防止にも役立つ便利なアイテムです。万が一飲み物やお菓子をこぼしてしまっても、シートカバーがかかっていればクリーニングしずらい車の中での汚れも安心です。買うと高いシートカバーですが、着なくなった洋服やはぎれ布を使って簡単に手作りできるんですよ♪シートカバーをかければ車の内装もおしゃれになります♪カバーのDIYをご紹介します。

車のシートカバーは作るのが正解!

車の内装は、掃除がしにくく一度汚れてしまうととお手入れが大変です。
そんな汚れ防止のために、座席や背もたれの部分にシートカバーをかける人が多いですよね。
しかし、シートカバーは買おうとすると少々お値段がお高め。
手作りするのがオススメです。

既製品よりサイズぴったり♪

既製品のカバーは、車のシートのサイズとぴったりでないものがほとんどです。
手作りにすれば、ぴったりのサイズのカバーになるので布地のヨレが少なく、座り心地が良くなりますよ。

型紙には新聞紙を使おう

シートカバーのサイズを測るには、新聞紙を広げてアウトラインをペンでなぞり、大きさを割り出すのが簡単です。
カバーを作りたい布の上で広げ、ハサミで一回り大きめに切って作りましょう。

布地で好きなデザインにできる♡

使う布地によって、好きなデザインの内装に仕立てあげられます。
はぎれ布を組み合わせておしゃれにしたり、モコモコのファブリックを使って座り心地をより良くすることもできますよ。

着なくなった洋服をリユースするのも◯

大きめのはぎれ布以外に、着なくなった洋服をリユースして作るのもおすすめです。
おしゃれな柄で肌触りの良い着古した洋服を使えば、心地のいい車内になりますよ。
汚れ防止にも効果的なシートカバーを、はぎれ布や洋服を使ってぜひ手作りしてみてはいかがでしょうか?
Share:
yoshiko