DIY

そろそろブーツの出番!手入れの方法をチェックしてみよう!

寒さが本格的になってきましたね。そうなると活躍してくれるのがブーツです。いざ履こうとブーツを出したら、履ける状態じゃなかった…なんて経験をしたことはありませんか?長いあいだ靴箱に入れっぱなしでは、すぐに履けなくなってしまう可能性もあります。長くお気に入りのブーツを楽しむためにも、手入れの方法を確認しておきましょう。

ブーツにカビが生えたりしてない?

夏の間、履くことはあまりないので、ブーツを靴箱に入れっぱなしという人も多いのではないでしょうか? その前にしっかりと手入れをしていたはずなのに、いざ履こうと取り出してみたら、カビが生えちゃってる…なんてこともそれほど珍しいことではありません。
保管している場所や状態によって、そうなることもあるんです。
まずは、取り出したらブーツがどんな状態なのかを確認してみましょう。

カビが生えてたらどうしたら良い?

ブーツの様子を確認してカビが生えていたら、まず乾いた雑巾などで払い落とします。
(カビが舞うので、屋外でやるようにしてください) 次にアルコールを布に付け、カビを拭き取ります。
このときに色落ちすることもあるので、目立たない場所で確認してから拭き取ってください。
風通しの良い場所でよく乾燥させてから、通常の用に靴の素材に合わせてオイルやクリーム、スプレー等で手入れをして完了です。
どうしても自分ではカビが落ちないというときには、靴のクリーニングに出して、プロにおまかせしましょう。

靴のお手入れの基本を学びましょう!

紹介しているのは革靴のものですが、皮で作られたブーツであれば、基本は同じになります。
長く履くのであれば、日々のお手入れも欠かせないポイントです。

本格的なブーツシーズン前にやっておきたい準備

一見、キレイに見えるブーツでも、シーズンオフ中の保管している場所によっては汚れが付いている場合があります。
履く前に一度キレイにお手入れをしておくと、シーズン中も快適に履けるようになりますよ! 余裕があるのであれば、一度クリーナーで前シーズンのクリームなどをオフして、オイルやクリーム、スプレー等素材に合わせて手入れをしましょう。
ササッと済ませたいのであれば、靴ブラシで汚れを払い、保護クリームなどでコートをしましょう。
最後にしっかりと防水スプレーをして、雨、雪対策も忘れずに! 加えて、靴底などがすり減っていないか等もチェックしてくださいね!

型崩れを避けるためにブーツキーパーを活用しよう!

ブーツを長持ちさせるためには、型崩れも気になるところです。
その型崩れを防いでくれるのが、ブーツキーパーです。
中には防臭、防湿機能も付いたブーツキーパーなどもあるので、活用してみてくださいね!

まとめ

ブーツは湿度に気をつけなくてはいけないアイテムです。
どんなにお気に入りでも、毎日履くのではなく、1日おきにするなど休ませる時間を置いてあげるようにしてください! これからの季節大活躍してくれるブーツ。
ぜひお手入れもしっかりして、長く履けるようにしてくださいね!
Share:
yukota