DIY

少ない道具で始められる♪繊細で可愛い「タティングレース」を手作りしよう

「タティングレース」というレース紐を使った編み物をご存知でしょうか?少ない道具で手軽に始められ、可愛いアクセサリーやインテリアを作ることができる人気の編み物なんですよ。道具を揃えれば、あとは編み方の技法の組み合わせだけでDIYできます。初心者さんでもチャレンジしやすくおすすめです♪ドイリーなどに代表される、繊細で美しい模様のモチーフを作ることができますよ。タティングレースについてご紹介します。

「タティングレース」とは?

今、「タティングレース」というレース作りが流行しているのをご存知でしょうか? タティングレースとは、レース編みの技法のひとつ。
繊細で美しい模様のモチーフを作ることができます。
初心者さんでも始めやすくアレンジの幅も広い、人気のDIYなんですよ。

基本の道具が少ないので始めやすい!

タティングレースは、「シャトル」と呼ばれる舟形をした道具にレースひもを巻いて作ります。
必要な道具が少ないので、道具をそろえるハードルが低いのも人気の理由のひとつです。

ビーズを混ぜてアレンジ!

レースを編むときは、指を使いながら結んでいきます。
レース針やかぎ針などもあるとより細かい模様を作るときに便利です。
編み方が単調になってしまうときは、ビーズを合間にはさんで工夫するとアクセントになりますよ。

基本の編み方

シャトルにレース紐をグルグルと巻き、それを指で編みながら基本の模様を作っていきます。
さらに円形の模様などの複雑な編み方をすることもできます。
自分のレベルによって作り方を変えられるので、慣れたら少しずつレベルアップしていきましょう。

こんな作品が作れるよ

タティングレースを使うと、繊細なレースのモチーフを作ることができます。
ドイリーとして卓上や壁に飾ってインテリアにしたり、ピアスやネックレスといったアクセサリーにも応用することができます。
円形以外にも、レースのリボンのような形を作ることができます。
レースリボンを生かしてブレスレットを作ったり、お洋服の袖やすそのフリルとして活用するアイデアもありますよ。

手軽に始められる!

タティングレースは糸を巻いたシャトルさえあれば、自宅のソファやが出先のカフェなど、どんな場所でも作品を作ることができます。
持ち運びもかさばらないので、隙間時間に制作を進めることができますよ。
ぜひタティングレース作りを初めて、オリジナルのレース小物をDIYしてくださいね。
Share:
yoshiko