DIY

冬のマリンインテリアがキテル☆貝殻とキャップを合体させたシェルボトル

冬にマリンインテリアって寒い印象がない?と思っているあなた。海を連想するインテリアは、決して寒々しくはないのですよ!貝殻や海砂をボトルに込めたシェルボトルを暖炉やストーブ周りにディスプレイして、アンカーやサーフボードのオブジェと共にラグマットとキャンドルの灯り。不思議と海辺のコテージでホットココアを飲んでるイメージができちゃうんですよね。マリンインテリアを楽しむのに、シェルボトルを加えませんか?

天然の貝でも市販の貝でも

旅先の思い出の貝を使っても良いですし、100均で手に入る貝でもOK!

ボトルキャップに接着

コルク栓の場合でもプラスチックの栓の場合でも、グルーガンなどを使って貝を接着しましょう! ディスプレイして一番目につく部分になるので、どの貝にするかお部屋のどこに置くかを考えてから選びましょう!

中身は自由

砂を入れてから砂浜に見立てて貝も入れても可愛い♡ カラーサンドだけを中に入れるのもアリですね!

素敵にディスプレイして♪

どんな風にディスプレイするかはあなた次第♪ たくさん並べてガラススタンドやシルバーディッシュなどの上に置くのもオシャレ!

ボトルの形も重要

カラーボトルを使うのもステキですね! ボトルの口の部分を麻紐でぐるぐる巻くのも演出です。
様々な形のボトルを並べるのもアイディアの一つ。
ボトルの形状とキャップ部分の貝の形がマッチするように、よく選んで下さいね! パターンは何通りも考えられますよ!
次のページを読む
1 2
Share: