DIY

牛乳パックでセメント鉢を手作り!100均セメントで男前グッズをDIY♪

100円ショップで売っているセメントを使って、植物を植える鉢を手作りしてみませんか?実は、とても身近な「牛乳パック」を活用して、鉢の型をとることができるんですよ。男前インテリアになる鉢なので、カフェ風のインテリアのある空間に飾るとスパイスになります。さらにペイントしたり、転写シールを貼って工夫すれば無機質すぎないセメント鉢になります!牛乳パックを活用したエコなセメント鉢の作り方をご紹介します♪

牛乳パックの便利な活用方法!

image by PIXTA / 25955624

飲み終わったら、リサイクルに出すかゴミとして捨ててしまう牛乳パック。
実は、あるおしゃれな雑貨を手作りするのにとても役立つ便利なアイテムなのをご存知でしょうか?

おしゃれな鉢が手作りできる!

実は牛乳パックを活用して、こんなにおしゃれな手のひらサイズのセメント鉢を手作りすることができるんです。
男前で無機質な印象が、植物と合わさったときに丁度いいバランスを生み出してくれますよ。

100均のセメントを使おう

使うセメントは、100円ショップで売っているもので充分。
水を混ぜて乾かすと硬化する、一般的で扱いやすいものが少量パックで売っているのでぜひ活用しましょう。

セメント鉢の作り方

①まず、水を混ぜたセメントを牛乳パックに流し込みます。
②中心に牛乳パックよりもひとまわり小さいプラスチックコップなどを押し込めます。
③そのままセメントがしっかりと乾くまで放置しましょう。

乾いたら牛乳パックをビリビリ!

セメントが乾いたら、外側の牛乳パックをビリビリと破いてセメントを取り出します。
牛乳パックは水分に強い紙素材でできているからこそ、セメントを流し入れても問題なく、破いて取り出しやすいといった特性があります。

好みのデザインにリメイクしよう

そのままでも使うことができますが、ひと手間加えるとさらにおしゃれに仕上がりますよ。
転写シールを貼ったり、ステンシルやペイントを施して好みのデザインに仕上げましょう。

植物を植えればカンペキ♡

あとは内側に砂利などを敷き詰め、植物を植えれば完成です! 男前でおしゃれな鉢が、牛乳パックで作れるなんて嬉しいですよね♪ ぜひ飲み終わった牛乳パックを活用して、お気に入りの植物を飾って育てるセメント鉢をDIYしてくださいね。
Share:
yoshiko