DIY

クリスマスの飾り付けに活用できる♪立体的な「折り紙スター」の作り方3選

星の形をしたインテリアは、お部屋をおしゃれでカッコ良く見せてくれる大人気のアイテムです。星型オブジェは、立体折り紙で気軽に手作りすることができるんですよ。クリスマスの時期のお部屋の内装やツリーの飾り付けにも活用できるので、今こそ作り方をおさらいしておきましょう♪もちろん、日常使いもできますよ。折り紙を使って簡単にDIYできる「はさみぼし」「バーンスター」「3Dスター」の3つの作り方をご紹介します。

おしゃれな「立体星形オブジェ」を折り紙で手作りしよ♪

立体的な星形のオブジェは、お部屋のインテリアとしてとても人気のあるアイテム。
可愛すぎないおしゃれさなので、どんなお部屋にも取り入れやすくナチュラル系やカフェ風のテーマとも合わせやすいんですよ。
星形オブジェは、折り紙の技法で簡単に手作りすることができます!

初級編の「はさみぼし」

工作が苦手な人やDIY初心者さんでも作りやすい「はさみぼし」は、もっとも簡単でシンプルな立体折り紙スターです。
ナチュラルな印象で扱いやすく、壁にピンなどで留めて飾ることができます。

「はさみぼし」の作り方動画

はさみぼしの作り方は、星の形に切った紙に折り目を入れるだけ。
とても簡単なので、一気にたくさん量産することもできます。
パーティーの簡易的な飾り付けにぴったりですよ♪

一番人気の「バーンスター」

星のオブジェといえば、ベーシックな「バーンスター」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? しっかりした作りなので、立てかけたり吊ったりしてオブジェのように飾るのが人気です! このようにガーランドにすると豪華ですね♪

「バーンスター」の作り方動画

バーンスターは、折り紙を5枚使ってパーツを作り、それを組み合わせることで作ります。
大きなバーンスターを作りたい場合は、大きめの紙を5枚用意しましょう。
それぞれの紙の色や柄を変えると、カラフルなバーンスターになりますよ♪

個性的でおしゃれな「3Dスター」

角が5つあるスターがベーシックですが、8つある3Dスターは個性的なお部屋に演出したいときに活躍してくれます。
キラッと光っている感じがより出ているので、繊細でゴージャスな印象を与えられます♪

「3Dスター」の作り方動画

角が8個あり個性的な形をしている3Dスターは、2つの同じパーツを重ねて作ります。
クリスマスがあるこれから季節には、立体スターのインテリアがおすすめです。
もちろん、普段のお部屋のインテリアとしても素敵ですよ。
ぜひ作り方を覚えて飾り付けに活用してくださいね。
Share:
yoshiko