DIY

ハンギングでおしゃれインテリア☆空間を彩る魅せ方まとめ★

ハンギングプランターやハンギングバスケットが注目される中、一見作るのは難しそうにみえたり、場所を取るイメージが強いハンギング方法。でも、実際は簡単に作れるお洒落なアイテムで、小さなスペースでも豪華に咲き誇る花を楽しむことができるオススメのハンギング。今回はその魅力に迫り、様々な魅せるアイデアをご紹介いたします。

ハンギングとは?

ハンギングとは、コンテナを吊るしたり壁に掛けたりして、植物を上や横の目線から観賞するガーデニングの手法のこと。
さまざまのハンギングバスケットや吊り鉢、ウオールポットなどを使い、植物のある暮らしを楽しむアイデアのことなんです。
寄せ植えを楽しんだり、プランツハンガーやバスケットを自作でDIYすることも楽しみとなり、インテリアの楽しみを越えたひとつのアート作品を楽しめるアレンジ法なのです。

マクラメハンギング

ハンギングプランターは、プランターを空間にぶら下げて飾る手法のことです。
マクラメグリーンハンギング、ハンギングプランターと呼ばれています。
植物を育てたいけれど場所が確保できない…という場合にも大変有効で、なおかつ空間演出としてもとても優秀なアイテムです。
用意するものは丈夫な紐とはさみだけ。
隣り合う紐を結ぶ手法は同じで、様々なアレンジが加わった編み方もあります。
どれも簡単ですので、ぜひ挑戦してみてください♪購入したプランターに合うオリジナルサイズで作れるメリットがGOOD。

ハンギングバスケット

用意するものはハンギング用バスケット、ヤシマット、ハンギング用培養土、水苔、花苗、ハサミ、移植ごてです。
ヤシマットをセットし、全体がこんもりとした大きな球体に仕上げます。
苗を入れるための切込みを入れ、苗が根付きやすいようにまずヤシマットを水で湿らせてから、底の部分に少し土を入れておきます。
ヤシマットに開けた切込みから、苗を差し込んで植えつけ、側面に植えつけたら、苗が根付くようにしっかりと上の方まで土を入れ、次にバスケットの上部に苗を配置していきます。
バスケット上部の苗の配置が決まったら、土をさらに加えて苗を固定し、苗の株もとの隙間を埋めるように水に浸して絞った水苔を詰めていきます。
最後に底から流れ出るまでしっかりと水やりすれば完成です♪

テラリウムガラス

エアプランツってご存知でしたか?エアプランツは一生に一回しか花を咲かせません。
米国南部から南米にかけて広く分布しているパイナップル科チランジア属の植物の総称で、アナナスなどの仲間。
土に植えなくても株表面から空気中の水分を吸収して成長します。
このエアプランツを使って、ガラスのデコレーションプランターにアレンジし、ハンギングを楽しむのが今大人気となっています。

流木ハンギング

ウッディなぬくもりのある流木ならではの「やさしい雰囲気」になり、空間をふわっと味のある雰囲気へと大変身させてくれるアレンジ方法。
細い枝には、軽いエアプランツを飾れば、風に揺られる姿で癒されそう。
ワイルドな木には、観葉植物を垂らしたり、下に切花やドライフラワーを置いて一体感を出しても素敵ですね。
これからの季節なら、キャンドルも吊るしてムードアップな空間を作るのもオススメです。

ウォールボックス

額縁を改造して作った多肉植物のウォールインテリアや、100均SHOPでも取扱いのある木の箱を使ってDIYが楽しめるオススメのアイデア。
ひとつのアートとしてお部屋の雰囲気も気分も上げてくれる作品が出来上がります。
エアープランツを使ったり、観葉植物を使用して、苔や流木とコーディネートするのも楽しめます。
まるで3Dアートのような天然の絵画は、お部屋を癒しの空間に変えてくれそうです。

ウッドパレット

もともとは荷物を載せるために使われるウッドパレットは、木製でとても頑丈にできています。
そんなウッドパレットを使って、素敵なインテリアアイテムに変身させちゃいます。
手に入りやすい「すのこ」でも代用できるアイデアがたくさん。
バランスよく適度に板を間引いて飾り、植物と合わせるとナチュラルな雰囲気が活かされてとっても素敵。
ライティングも効いています。
向きを変えて使ってもGOOD。
飾り棚として使えるので、植物もたくさん飾れて大満足なウォールアートに。
次のページを読む
1 2
Share: