DIY

お祝いの気持ちを込めてDIY!カワイイのし袋を自分で作ってみよう!

結婚や引っ越し等、お友達や親族にお祝いを渡す機会がありますよね。もちろん、普通にお祝いしても良いんですが、できれば他の人よりもオシャレに印象に残るのし袋でお祝いを渡してみませんか?市販品でもカワイイものがたくさん増えていますが、どうせならオリジナリティ溢れるのし袋を作ってみましょう!

そもそものし袋って?

結婚式や慶事のお祝いを渡すときに使うのがのし袋(祝儀袋)です。
実はいろんな決まりごとがあって、間違ってしまうと相手に失礼になることもあるので、間違いがないかきちんとチェックしておきましょう。

注意すべき点とは?

お祝いごとですから、ちゃんとしたルールを守ることが大切です。
例えば、結婚式に渡すものであれば、蝶結びの水引は避けましょう。
すぐ解けてしまう結び方のため結婚式には適さないとされているからです。
他にも外づつみの裏側は、慶事のときには下側が上になるように重ねなければならない等のルールもあります。
また、表書きは渡す目的に合っているかもチェックしましょう。
結婚祝いに送った物なのに「志」なんて表書きにしてしまったら、本当に失礼です。
志は弔事にしか使いません。
イメージで大丈夫だと過信することなく、確認するようにしましょう。
水引の形や色、外づつみの重ね方、表書きの文字などを中心にチェックするのも忘れずに。
自分で作るからこそ、こういったルールに合っているかどうか、しっかり確認してマナー違反にならないように気を付けてくださいね!

基本の折り方を見てみよう!

動画で紹介しているのは折り紙を使っているので、かなり小さいですが、大きめの紙を使って折れば、のし袋が作れちゃいます! 包装紙など可愛い柄の紙を用意して、折ってみるのも良さそうです! 動画で作っているサイズならお年玉をあげるときにも役立ちそうなアイデアですね!

手ぬぐいでのし袋を作る方法!

他の人とは差を付けたいと思うのであれば、手ぬぐいを使ったアイデアはいかがでしょうか? 100均などでも手に入るようになった手ぬぐいは、柄もカワイイものが増えていますし、のし袋にリメイクするのも良さそうです。
しかも、受け取った方も、再利用ができるので、エコで無駄がないですね! 手ぬぐいだけでなく、ランチョンマットなども同様にしてのし袋にすることもできそうです。
ぜひ、参考にしてみてください!

水引の種類もいろいろあるよ!

水引の結び方もいろいろ。
水引のDIYもしようと思っている人は、お祝いに合った形を選ぶようにしてくださいね! 水引の色は慶事で、赤白、金銀が主流です。
間違っても弔事に使う白黒や黄白などを使わないように気をつけましょう。
また、向かって右側に濃い色を持ってくるようにするのも忘れずに!

お金の入れ方もチェックしておきましょう!

いろんなのし袋がありますので、お金の入れ方に悩む人もいるかもしれません。
ぜひこの動画を参考にしてみてくださいね!

ちょっとアレンジがDIYの醍醐味!

次のページを読む
1 2
Share:
yukota