DIY

初心者でも簡単!ハーブやミニ野菜の栽培でキッチン菜園始めましょう♡

家庭菜園に興味があるけど、自宅に庭やベランダがない…と迷っている貴方!そんな時はキッチン菜園ならすぐに始められますよ♪広いスペースや大掛かりな農具や大量の土も必要ありません。特別な用意がいらないからすぐにスタートできるところが魅力。キッチン周りに緑があると、心もワクワク☆見た目も可愛くて、しかも食べられるなんて嬉しいことがいっぱい!節約も出来ておしゃれなキッチン菜園をたっぷりご紹介します。

大根・人参

人参・大根は、葉っぱを育てていく方法。
お味噌汁やかき揚げなど、ちょっとだけ使いたいときにとっても便利。
人参と大根は、育て方が一緒です。
葉のついている上側3センチほどを切ったら、容器に水を1.5センチ程はりましょう。
切った部分をつけているだけで、あっというまにすくすくと新しい葉が育ちます。
伸びすぎて咲いたお花も、なんと菜の花として食べれます♪毎日水を取り替えて、清潔に保ちましょう。
根本の部分がしぼむまでは、何回も収穫できるので、ぜひ育ててみてください。

ネギ

大きなネギは、根の部分から5センチほど残して、水に付けます。
背の高いコップに入れて1週間で、収穫することができます。
お水は毎日変えてあげましょう。
ポイントは、日陰で育てること。
水も傷みやすく、野菜も日焼けしてしまうので、直射日光を避けて置くのがコツ。
万能ねぎは お家にあれば、ちょっと薬味として使うときに便利。
毎日すくすく成長していくネギは、先の方から使う分少しずつ使うことができます♪

キャベツ

意外なキャベツも、キッチン菜園には向いてる野菜なんです♪成長はゆっくりですが、とーっても甘いキャベツが出来上がります。
キャベツの芯を切り取り、窓辺などの風通しの良い場所で育ててあげましょう。
芯を底5mm位の水につけて、数日たつと芯の底が茶色くなってきます。
ぬめりが出てきたら、芯の底と器を水洗いしてあげましょう。
キャベツの外の葉のような濃い葉が育ってきたら、はさみで収穫。
小さな葉があるだけで、次々に育ってくれますよ♪

ミニトマト

ミニトマトはサラダやお弁当など、毎日の食卓に大活躍。
キッチンにあると便利で、食卓に彩りを与えてくれます。
「RUSTY GREEN」の栽培キットは、小さいアンティーク調ポットでおしゃれなデザイン。
栽培だけでなくインテリアとしても引き立つオススメのキット。
プチトマトは風よけ対策がポイントになります。
エアコンの近くや風もNG。
基本的には日中日当たりのよいところへ移動させてあげるのがGOOD。
一番注意が必要なのは水やりです。
朝トマト苗を見て葉っぱがやや萎れ始めていたら水を与える程度で、やりすぎには注意しましょう。

シイタケ

なんとシイタケにも栽培キットが登場。
菌床とは、きのこの栽培に使う”畑”の様なもの。
しいたけの菌床はオガクズと米ぬかなどの栄養源を混ぜてブロック状に固めた物です。
この方法でキッチン菜園できちゃいます。
袋をハサミなどで切って菌床ブロックを取り出し、水洗いします。
付属の栽培袋に入れてセッティング。
置き場所は、適度に風通しが良い所で、直射日光が当たらない所がBEST。
付属の袋に入れておけば、1日1回程度霧吹きで水をあげればOK。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
キッチンに癒やしのグリーンを取り入れつつ、サッと手軽にできるキッチン菜園。
SNSでも今話題が広がり人気となっています。
どの食材も手軽に使えて、あると便利なものばかり。
可愛いトレイやマグカップを使うことで、インテリアのアクセントにもピッタリ。
簡単に始められるキッチン菜園で楽しい栽培ライフ、オススメです♡
Share: