DIY

何度も使えておしゃれ♪はぎれとガーゼでエコな「手作りマスク」をDIY!

寒くなってくる秋冬は、体調管理に特に気をつけたい季節。風邪予防に便利なマスクを、自宅で手作りしませんか?お家にあまっているはぎれとガーゼで作れるので、材料費はほとんどかかりません。洗えば何度でも使えるので、地球に優しくとてもエコですよ。可愛い生地を選べば、真っ白なマスクよりもカラフルなおしゃれが楽しめます。子供用のマスクとしても人気が高いので、この冬にぜひ手作りしてみてはいかがでしょうか?

使い捨てのマスクはもったいない

肌寒くなってくると、風邪を引きやすくなります。
風邪予防に効果的なマスクは、一般的に不織布で作られている使い捨てのものが多いです。
ですが、一回使っただけで捨てるのはなんだかもったいない…。

「はぎれ」と「ガーゼ」で手作りしよう

image by PIXTA / 28655282

お家に余っているはぎれ布とガーゼを使って、マスクを手作りしませんか? 布を使った手作りマスクは、洗えば何度でも使うことができます。
エコでおしゃれなマスクをつければ、外出がきっと楽しくなりますよ。

簡単にDIYできるよ♪

マスクの作り方はとても簡単。
はぎれ布とガーゼを重ね、両端にゴムひもを通すだけなんです。
手芸が苦手な人でも、作りがシンプルなので難しくないですよ。

可愛い柄のはぎれが大活躍!

家にストックしてあった使い道がなさそうなはぎれ布を活用しましょう。
小さなはぎれ布で十分な大きさのマスクを作ることができます。

立体マスクも作れます

縫い方や生地の切り方によっては、立体的なマスクを作ることも可能です。
立体マスクなら鼻と口をすっぽりと覆ってくれますよ。

生地を切り替えるとおしゃれ♪

はぎれ布を組み合わせて、いろいろな柄の組み合わせパターンを作ることができます。
左右で使う生地の模様を切り替えて、カラフルなマスクを手作りしましょう。
これからの季節に大活躍するので、ぜひ気になったときに気軽に身につけられる手作りマスクをDIYしてくださいね。
Share:
yoshiko