DIY

目隠しすればお部屋がおしゃれに♡「ブレーカー」のマネしたいリメイク術

100均素材を使って壁にあるブレーカーを目隠しすると、お部屋をもっとおしゃれに見せることができますよ。お家全体の電気のオンオフをつかさどるブレーカーは、どうしても大きくて目立つ場所にあることが多いです。だからこそ、リメイクしておしゃれに見せれば、インテリアのように可愛くDIYすることができますよ♪簡単で思わずマネしたくなるような、みんなのブレーカーリメイクのアイデアを厳選してご紹介します。

①ステッカーをペタン!

フタのついているブレーカーには、逆に目立たせるようなステッカーを貼っておしゃれにリメイク! ブレーカー用のデザインステッカーが、おしゃれさと機能性を兼ね備えていますね。

②木箱とパカパカフタを取り付ける

ブレーカーを木箱で隠して、上にパカッと開いて開けられるフタを取り付けて目隠し。
さらに、フタの表面に釘を打ち付けて鍵をぶらさげられる仕様に。
玄関の入口付近にブレーカーがあるお家は、ぜひマネしたいリメイク術ですね。

③箱のフタをかぶせる

木箱のフタをブレーカーにカポっとかぶせるだけ。
フタが安定しなければ、画びょうや釘を打ち付けてひっかける場所を作ってあげましょう。

④アイアンウォールバー+布

100円ショップで売っているアイアンウォールバーをブレーカーのやや上に取り付けます。
そこにS字フックを引っ掛け、布をのれんのようにたらしましょう。
リースを一緒に飾れば、ナチュラルなカフェ風デザインの目隠しが完成!

⑤紙袋をかぶせる

まず、紙袋の裏側の面をブレーカーがすっぽり収まるように切り取ります。
ブレーカーの上にフックなどを取り付け、そこに紙袋の取っ手を引っ掛けます。
さらにマスキングテープでまわりを飾り付ければ、モノトーンカラーのブレーカー目隠しになりますよ。

⑥すのこで開き戸をDIY

ブレーカーに蝶番つきのすのこのフタを取り付けます。
すのこなので圧迫感がなく、大きなブレーカーを目隠しするときも、全部を覆ってしまうより軽やかに見せることができます。
ブレーカーを目隠しリメイクするときは、必ず必要なときに操作できるようなDIYを心がけてくださいね。
ぜひブレーカーリメイクをして、お部屋をもっとおしゃれに見せましょう。
Share:
kurokimisa