DIY

ブローチや写真立ても作れる♪プラスチックキャンバスで刺繍グッズをDIY

100円ショップや手芸屋さんで売っている「プラスチックキャンバス」を使って刺繍グッズを手作りしませんか?透明で編み目の隙間があいたプラスチックシートに、カラフルな刺繍糸でチクチクと模様を縫っていくと可愛いモチーフができあがります。完成したモチーフをブローチにリメイクしたり、写真立てのフレームにしてオリジナルの刺繍アイテムを手作りしましょう。プラスチックキャンバスの使い方とアイデアをご紹介します。

「プラスチックキャンバス」で手芸グッズを作ろう

「プラスチックキャンバス」をご存知でしょうか? 手芸屋さんや100円ショップでも売っている、軟質プラスチック製の穴空きシートのことです。
このシートを使うと、立体的な刺繍グッズを簡単に手作りすることができるんですよ。

透明なシートにチクチク刺繍!

このように、編み目の部分に糸を通して模様を作っていきます。
糸の位置を定めやすく、シートに適度な固さがあるのでモチーフを作ったり、立体的な箱などを制作することができます。

図案を決めて縫おう

糸を通すときは難しく感じますが、最初に図案を決めてしまえば簡単。
図案や作りたいモチーフを縫い、最後にシートの余った部分をカットするだけ。
糸の切れ端がほつれないようにしっかりとシートに結びつければ、刺繍製のモチーフを作ることができます。

刺繍フォトフレームをDIY!

四角いフレームの形に刺繍していきそれを写真立ての全面にペタンと貼れば、刺繍でできたフォトフレームが作れます。
チクチクと模様を編んでいくだけなので、意外と簡単ですよ。

可愛いブローチにリメイク

プラスチックキャンバスで小さなモチーフを作って、その裏に安全ピンをつければブローチの完成! 温かみのある糸の質感が可愛らしいブローチになります。

モチーフを作ってオーナメントに

モチーフに糸を通すとオーナメントに変身。
さらに天井から吊るせば、ゆらゆらとゆれるモビールのインテリアになります。

クラッチバッグも作れるよ

大きなシートに刺繍を施してくるんと巻くと、クラッチバッグをDIYすることもできるんですよ。
刺繍をする根気が入りますが、作業自体はとても簡単。
休日に家の中でのんびり刺繍をして過ごすのも楽しそうですよね。
ぜひプラスチックキャンバスを使って、刺繍グッズを手作りしてくださいね。
Share:
yoshiko