DIY

水に溶けるシートが便利!刺繍をするなら100均のアイテムを使ってみない

刺繍に挑戦してみようと思っている人にとって、心配なのは「上手にできるだろうか?」ということではないでしょうか?自分でデザインをするには、なかなかバランスが取れなかったり、歪んでしまったり難しいですよね。そこで使いたいのがダイソーで販売している「刺繍用下地シート」です。早速チェックしてみましょう!

刺繍をするときに困ってしまうこと

下書きをしても、刺繍枠に布をピンと張っても、思ったように刺繍ができないことがあります。
もちろんちょっとぐらいズレても、味になりますし、それはそれでハンドメイドならではの楽しさではあるのですが、できればキレイに作りたい!と思いますよね。
そんな人にオススメなのがダイソーで販売している「刺繍用下地シート」なんです。

刺繍用下地シートって?

ダイソーで販売している紙です。
特徴はプリンターを使えること。
そして、水に溶けることです。
つまり、好きな柄をプリンターで印刷し、それを布に貼り付けて刺繍をします。
刺繍が終われば、後は洗うだけでOKという便利アイテムなんです!

使い方は?

注意点としては、水性のもので印刷をしたり、ペンで描くことです。
油性だと水に溶けないので、気を付けてください! 裏側がシールになっているので、紙を固定するしつけなども必要ないので便利ですね!

実際に使って可愛く仕上げている人も!

刺繍用下地シートを使って、カワイイ刺繍を仕上げている人も! プリンターで図柄を印刷するので、自分ではデザインが難しいものや細かいものなどにも挑戦できそうですね!

文字はしっかりした下書きがある方が歪みにくいよ!

刺繍をするときに、名前やアルファベットでイニシャルなどを入れる時もあるでしょう。
文字はしっかりと下書きがあったほうが、キレイに仕上がりやすいです。
絵柄などは多少歪んでもごまかしがききやすいですが、文字はなかなかごまかしにくいんです。
だからこそ、この下地シートを使うと便利なんです!

まとめ

好きなキャラクターのものも、印刷して刺繍することができますよ! 絵が上手ではないから…と刺繍を諦めていた人にも挑戦しやすくなるアイテムです。
100均で手に入るので、ぜひ挑戦してみてくださいね!
Share:
yukota