DIY

はじめてのブレスレット作りに挑戦!「ワックスコード」でアクセをDIY♡

DIY初心者さんがはじめてのアクセサリー作りに挑戦するなら、「ワックスコード」を使ったブレスレット作りがおすすめです。ワックスコードを使えばシンプルなデザインでもシックでおしゃれに見え、丈夫な素材なので長く使うことができます。アレンジも簡単で、ビーズを通したりコードを編んで太くしたりと、自分らしいオリジナルデザインのアクセをDIYすることができますよ。簡単なアクセ作りのアイデアをご紹介します。

「ワックスコード」でアクセサリー作りに挑戦!

ワックスコードとは、別名「蝋引き紐(ろうびきひも)」とも呼ばれます。
綿素材のひもの表面にロウが塗ってあるワックスコードは、すべりが良くなり加工しやすい特徴を持っています。
またお値段も安いので、初心者さんでも気軽に手にすることができる素材です。

熱でロウが溶けて接着剤いらず!

ワックスコードの表面のロウは、熱することで溶けてもう一度固まります。
なので、コードの先を接着材などを使わずにキレイに処理することができるのも高ポイント。
耐久性もあり丈夫なので、一度作れば長く使うことができますよ。

シンプルなデザインでも映えるよ

高見えするワックスコードは、シンプルなデザインでもおしゃれに見えます。
ヒモにビーズやコットンパールを通してアレンジすれば、ワンポイントが加わってフォーマルな場にもつけていくことができます。

重ね付けもおすすめ!

何色かのワックスコードを組み合わせて編めば、さらにおしゃれ。
時計といっしょにジャラジャラ重ね付けしても、ゴチャゴチャした印象になりにくいブレスレットです。

太さの出る「平結び」を覚えよう

ワックスコード1本だけでシンプルに表現したり、三つ編みで太さを出して使いましょう。
平結びは、名前のように平たく太くできるので、存在感のあるブレスレットを作りたいときに覚えておきたい方法です。

慣れたらどんどんアレンジしてみよう♪

色や太さ、使うビーズの種類などを変えればいろいろなアレンジを楽しめます。
たくさん手作りして友達や恋人とお揃いのブレスレットを作るのも素敵ですね。
初心者さんにおすすめのワックスコードを活用して、ぜひアクセサリーを簡単DIYしてみてはいかがでしょうか。
Share:
yoshiko