DIY

お気に入りの紙袋でブックカバーを作ろう!秋の読書をもっと楽しく!

過ごしやすくなってきたこの時期に、せっかくですから読書を楽しみませんか?本を読む時にステキなブックカバーがあれば、楽しい読書タイムを過ごせそうですよね。でも、ブックカバーをわざわざ作ったり、買ったりするのは大変…と思っている人は、紙袋をリメイクしてみませんか?そこで皆さんが作っているオススメの紙袋ブックカバーを紹介します!

秋の夜長は読書にピッタリ!

だんだんと涼しい日も増えてきて、日も落ちるのが早くなってきましたね。
過ごしやすい秋は、読書にもピッタリの季節です。
ちょっと気になっていた本や勉強のための本などを読み始めてみませんか?

紙袋で作るブックカバーが結構カワイイ!

「何を読んでいるのかを周りに知られてしまうのはちょっと恥ずかしい…」という人や「せっかく買った本だから、汚れがつかないようにしたい!」という人はブックカバーを愛用している人も多いんです。
でも、本のサイズに合わせて作ったり、買ったりするのはちょっと大変ですよね。
そこで、ステキな柄の紙袋を使ってブックカバーを作ってみませんか?

どうやって作るの?

紙袋を開いて、動画のように折りたためばOKです。
紙袋がちょっと大きめだったりする時は、本のサイズに合わせてカットしてから、作ってみてくださいね!

スタバの紙袋で作っている人も多いよ!

紙袋をリメイクする定番と言えば、スタバの紙袋ですよね。
もちろん、ブックカバーを作っている人もたくさんいます。
季節やイベントごとに出される紙袋で作ると、また違った雰囲気が出てステキですよ!

シックな雰囲気がステキ!

ジョンマスター・オーガニックのショッパーを使って作ったブックカバーはシックな雰囲気。
あまり派手になりすぎず、シックにまとめたい人にオススメです!

ディオールの紙袋でも!

ディオールの紙袋は、厚みがあってしっかりしているのに加えて、表面がデコボコしていて持ったときに滑りにくいので、ブックカバーにするのにオススメの紙袋です! 高級感もありますし、ぜひチャレンジしたいアイデアですね!

LUSHのブックカバーは男前風になるよ!

モノトーンのLUSHの紙袋を使ったブックカバーはまるで男前風! とってもカッコいいですね!
次のページを読む
1 2
Share:
yukota