DIY

お家を「ホテル」みたいにしたいならコレだけやれば大丈夫!5つのポイント

「ホテル」に泊まると初めての部屋でもリラックスできるの不思議ですよね。自分のお家のインテリアや内装に不満があるなら、「ホテル」みたいな部屋作りを試してみませんか?コツさえつかめば、散らからない部屋になるし、整理整頓の習慣が身につきます。意外とカンタンだから、少しずつやっていきましょう。海外のホテル専門にインテリアデザイナーをしていた筆者がこっそり教えるホテルの部屋作りポイント5つ紹介します。

ホテルでリラックスできる秘密

初めて泊まった部屋なのに、リラックスして、熟睡できるのは「お部屋」の作り方にあるんです。
ルールさえ覚えてしまえば、今日から実践できますよ。

ポイント1「シンプル」

ホテルの部屋に置いてある「インテリア」は、全てがシンプル。
インテリア小物も柄や模様を避けて、シンプルで上質な素材を選ぶことがポイントです。
カーテンが柄ものを使っているなら、単色でドレープの効いたちょっと良い素材にするだけで、お部屋の雰囲気が変わりますよ。

ポイント2「洗面所から」

「ホテル」みたいなお家に住みたい!と思っても、急に全てを変えることは難しいですよね。
毎日、使う「洗面所」から始めたら、意識が変わるので、途中で“模様替え”を挫折することも無くなります。

洗面所のルール

洗面所の模様替えをするときに、気をつけたいのが「スッキリ」感を大切にしましょう。
全てのモノを整理するのは、難しいと思うので、タオルをきっちり揃えて置いてみたり、ごちゃごちゃした洗面用具をバスケットに収納しましょう。

ポイント3「収納の場所」

ホテルの部屋は、スペースが限られているので「収納」は、人が動く動線上に置いてあります。
これで無駄なスペースがなくなるので、お部屋が広く使えます。
例えば、寝室の収納をなんとなく置いている人は、その収納の前を通るかどうか?を考えて、配置をしましょう。
収納に行くためだけに、そこを歩いているなら、スペースの無駄使いをしています。
理想は、ベッドと通路を隔てた場所がベストです。

ポイント4「上質な小物にこだわる」

一流ホテルは、小物にも手抜きをしません。
「安かったからコレでいい」じゃなくて、自分に気持ち良いと感じるモノを選びましょう。
まくらやシーツも実際に手にとって、「さわり心地が気持ちいいから、コレ!」と選ぶ基準を変えましょう。
上質な小物を選ぶようにすれば、無駄使いも減るし、モノが増えません。

ポイント5「生活感を消す」

ごちゃごちゃしてしまうモノは、引き出しや収納に入れて、「生活感」を消しましょう。
いつもキレイな状態でいると余計なものが視界に入らないので、集中力も上がるし、リラックスできますよ。
Share:
MrsAida