DIY

オリジナルメイソンジャーを作れる!グラスリッツェンでリメ瓶をDIY♪

ジャムの空き瓶やあまったメイソンジャーをリメイクして、オリジナルデザインの「リメ瓶」を手作りしませんか?リメ瓶の作り方の中でも、ガラスの表面に傷をつけて絵を描く「グラスリッツェン」の方法が特におすすめです。シンプルに見えるけれどセンスのあるリメ瓶をDIYすることができますよ。また消えたり劣化することもないので、実際に中に食材やドリンクを入れて衛生的に使うことができますよ。ぜひ挑戦してくださいね。

グラスリッツェンでリメ瓶をDIY!

ジャムや調味料の空き瓶や、家にあまっているメイソンジャーをリメイクして、おしゃれな「リメ瓶」を手作りしてみませんか? 特にリメ瓶は、ビンの表面を削って作る「グラスリッツェン」の技法がおすすめです。

下書きの上から削っていこう

グラスリッツェンは、ビットと呼ばれる道具や先のとがっている針などを使って作れます。
水性ペンで下書きをし、その上を削るようにすればデザインに沿ったグラスリッツェンをほどこすことができますよ。

ガラスの表面を削るように描こう

グラスリッツェンは、ガラスの表面を削って絵を描きます。
なので、洗ってしまっても描いたものが落ちることがなく、衛生的に使うことができます。

置くだけでもおしゃれ!

グラスリッツェンで手作りしたリメ瓶は、お部屋のインテリアとして飾るとおしゃれですよ。
置くだけでもおしゃれな置物のようになるので、卓上や玄関先に飾ってみましょう。

飾りをつけてみよう

さらにビンのフタの部分に飾りを着けたり、中にガラスのビー玉や色のついた砂を入れると可愛くなりますよ。

もちろん使えるよ♪

グラスリッツェンで作ったリメ瓶は、中に食材を入れたりドリンクを入れて衛生的に使うことができます。
ぜひグラスリッツェンでオリジナルデザインのリメ瓶を手作りしてみてはいかがでしょうか。
Share:
yoshiko