DIY

便利な珪藻土コースターがプチプラ?!フランフランで手に入るよ!

オシャレな雑貨からインテリアまでたくさんのものが手に入るフランフラン。今、フランフランの中でも注目されているのが珪藻土コースターなんです。珪藻土のアイテムはちょっと割高なことが多いのですが、プチプラで手に入るのも人気の理由です。とても便利なアイテムなので、チェックしてみましょう!

珪藻土コースターって?

珪藻土コースターはその名の通り、珪藻土でできたコースターで、水分をあっという間に吸い取ってくれて、乾くという特徴があります。
珪藻土は水分を吸ってくれる性質を利用して、バスマットや湿気取りなどのアイテムでも販売されています。
珪藻土のアイテムは便利ですし人気もあるのですが、ちょっと価格的に割高なものも多いんです。

フランフランで売っているコースターが手に入れやすい価格!

フランフランで売っている珪藻土コースターはプチプラで買えるのも嬉しい所。
410円で買えるので、複数枚を一気に買うこともできそうな価格帯ですね!

冷たい飲み物の結露もドンと来い!

まだまだ冷たい飲み物を飲むことは多いですよね。
そんなときに気になるのが、コップに付いた結露。
コースターを敷いていても、濡れてしまったりもしますよね。
でも、珪藻土コースターなら安心!水分をすぐに吸って乾かしてくれます。
写真を見ると乾いていく様子が分かりますね!

濡れた珪藻土も手入れが大切

珪藻土コースターは確かに沢山の水分を吸ってくれますが、湿気が多いままにしておいてはカビが生えてしまう場合もあるようです。
もちろん、自然に乾燥はするのですが、カビが心配な人は、使い終わったら、陰干しをして、中の水分をしっかり飛ばすとカビが生えにくく長く使えますよ!

湿気が多い洗面所などでも活躍してくれそう!

珪藻土を歯ブラシの下に敷いて、水分を吸わせている人も。
水分が多くなりがちな洗面所でも活躍してくれそうですね! こちらも湿気が多いとカビなどに繋がってしまうので、定期的にコースターを乾かすようにしてくださいね!

珪藻土コースターが水分を吸いにくくなったら…

珪藻土コースターは、長く使っていると水分を吸いにくくなってくることもあるようです。
そんなときには、サンドペーパーで削ると水分をまた吸いやすくなると言われています。
もし、水分を吸いにくくなった場合には試してみる価値ありですよ!

珪藻土を干すときにも気を付けて!

珪藻土は直射日光に当てて乾かすと、珪藻土は曲がってしまったり、割れてしまうこともあるんです。
あくまで干すときには陰干しして、珪藻土が長持ちするように気を付けてくださいね!
Share:
yukota