DIY

掃除用具も可愛くしたい!コロコロをおしゃれにリメイクするアイデア5選

カーペットに付着してしまった細かいゴミを、粘着テープでコロコロとお掃除できる便利なアイテム「カーペットクリーナー」。こまめなお掃除に大活躍するカーペットクリーナーは、すぐに使えるようにお部屋の見える場所に置いておくことが多いかと思います。でも、いくら使う機会が多いからって、お客さんが来た時に見えてしまうのはちょっと嫌ですよね。そこで、ケースや持ち手を可愛くリメイクして、まるでインテリアかのような素敵なデザインにしちゃいませんか? これなら目立つところに置いておいても全く問題ありませんよ♪

お掃除道具をおしゃれにリメイク!

image by PIXTA / 20678594

「コロコロ」という愛称で親しまれている粘着カーペットクリーナー。
これはカーペットやソファといった布製のインテリアに付着した細かいゴミを、粘着テープでしっかりと絡め取ってくれる物。
とっても便利なお掃除アイテムですよね♪

使用頻度が高いので、すぐ手に取れるような場所に置いておくことが多いこちらのコロコロですが、どうせ人目に触れてしまうのであれば、いっそ可愛くオシャレにリメイクしちゃうのはいかが?

今回はコロコロをキュートにデコレーションして、まるでインテリアのようにしてしまう素敵なアイデアを厳選してご紹介しちゃいますよ♪

#1 白黒インテリア風

こちらは、粘着カーペットクリーナーを布とリボンでデコレーションするアイデア。
黒地に白のドット模様が可愛らしい作品に仕上がっています。
大抵のコロコロは、柄の部分やケースが白いものと思いますが、そのホワイトを利用して白と黒のモノクロームカラーのインテリア風にするのはとっても賢いアイデアと言えるでしょう。
100円ショップで販売されているフリルリボンやレースリボンなどをつけるとさらにキュートになりそうですよね。
お部屋のインテリアに白や黒を多めに使っているおうちなら、このアイデアをぜひマネしてみてくださいね♪

#2 タッセルやフリルをペタン!

粘着カーペットクリーナーの柄の部分には、フックなどにひっかけて収納できるように穴があいていますよね。
せっかくあいている穴ですから、これを有効活用しちゃいましょう。
タッセルなどの装飾を穴に結んでみると、それだけでもだいぶ雰囲気が変わってくるんですよ♪

また、ケースのほうもタッセルに合わせて、ちょっと格式高いデコレーションを施すとオシャレになります。
センスのいいステッカーなどを貼って、さらに真っ白で上品なレースリボンも貼り付けてみるのはいかがでしょう。
これなら、そこらへんに置いておいても違和感がなさそうですよね♪

#3 マリメッコをデコパージュ

粘着カーペットクリーナーのケース表面に、お気に入りのファブリックやラッピングペーパーをボンドなどで貼り付けてみるのはお手軽でイイですよね。
でも、どうせ手間をかけるのなら思い切ってデコパージュしてみるのもおすすめですよ♪

デコパージュとは、デコパージュ液を使って行うDIY。
お好きな柄のペーパーナプキンを、デコパージュ液を塗ったコロコロケースに貼り付けるだけの簡単な作業で、本格的なデコレーションが可能なんですよ♪

マリメッコならとっても可愛いですし、存在感もバツグン。
北欧風の家具との相性はぴったりです♪

#4 アンティーク風家具ともバッチリ♪

シックな色味のビーズや刺繍テープなどをジャラジャラとつけて、ぱっと見るだけでは粘着カーペットクリーナーに見えないくらいゴージャスにデコレーションすることだってできちゃいます。
アンティーク風のインテリアや、アジアン風のエキゾチックなインテリアにピッタリではないでしょうか?

ケースだけでなく柄の部分にもしっかりファブリックを貼り付けて、全てのフチをレースリボンで飾りましょう。
そこまでするの?と思う人もいるかもしれませんが、コロコロは毎日使うアイテムですから、綺麗にリメイクしていればいるほどお掃除タイムが楽しくなるんですよ♪

#5 カーテンの柄と合わせて

ファブリックやステッカーなどを使えばいいということはわかっても、どんな風にリメイクするのがいいのか迷うこともありますよね。
そんな時にはカーテンやカーペットなど、お部屋の中でも特に大きな面積を占めているような印象強いインテリアに合わせたモチーフをチョイスしてみましょう。
例えばこの写真のコロコロは、カーテンの柄に使われているのと似たような葉っぱのステッカーをあしらって、お部屋に自然と溶け込むようなデザインに仕上がっていますよね。
このように統一感を意識してデコレーションすれば、まず間違いはありません。

カワイイ掃除用具で楽しいお掃除ライフを♪

今回は「コロコロ」こと粘着カーペットクリーナーの注目リメイクアイデアについてお届けいたしましたが、気になるアイデアはありましたか?

中にはめいっぱい手間をかける上級者向けのアイデアもありましたが、最初のうちはシールやマスキングテープであっさりとしたシンプルリメイクをしてみるのもいいかもしれません。
とにかく、毎日目に入るものはスタイリッシュであるに越したことはありませんので、皆さんもぜひチャレンジしてみてください。
きっと楽しい日々が過ごせますよ♪
Share:
コトノ