DIY

丈夫な帆布でバッグを作ってみない?シンプルなものなら簡単だよ!

帆布は元々船の帆に使われていた素材なので、とても丈夫です。帆布を使ったアイテムは長いこと使えるのも魅力ですよね。そこで帆布を使ってバッグをDIYしてみませんか?帆布さえ手に入れてしまえば、シンプルなものは意外に簡単にできちゃうんですよ!また自分で作れば欲しい内ポケットなども好みで付けられますよ!

帆布って?

綿や麻、亜麻で作られる平織りの厚手の布のことで、元々は帆船に使われていた、布で、強い風などを受けても破れたりしないように丈夫に作られています。
最近ではバッグなどに利用されていて、丈夫さはもちろん、デザインもカワイイと人気ですよね。
もちろん売っているものとを買うのも良いのですが、ちょっと帆布のバッグって高いので、自分で作ってみるのも良いのではないでしょうか?

自分で作っている人も結構いるよ!

色違いの帆布をパッチワークのようにして作った帆布のバッグ。
帆布の端切れなどがあれば、こんなふうに作ってみるのもいいですね!

帆布はカラーも豊富

帆布の専門店などに行くと、帆布のカラーの豊富さに驚くかもしれません。
帆船のイメージからか、白や青系などばかりなのではないかと思っていた人はきっと驚くはずですよ!

シンプルなトートバックの作り方

シンプルなトートバッグを作ってみるのもいいかもしれませんね。
帆布で作れば丈夫なので、マイバッグにしても重いものを入れても安心できます! ちょっとぐらい乱暴に扱っても帆布なら平気なので、活発なお子さんがいる人は作ってあげるのもいいかもしれませんね!

帆布はどこで手に入れられるの?

手芸屋さんなどでも購入できますが、どこでもカラー柄も種類も豊富というわけにはいかないようです。
日暮里などの問屋街に買いに行くのも方法ですが、ネットで購入するのが確実です! ただし、ネットで購入する際には、色味がモニターを通した色と直接見る色に違う場合がありますので、注意してくださいね!

注意しておきたいこと

帆布は生地の厚さがあるんです。
いわゆる薄めの生地が11号帆布、中位の厚さの生地が8号帆布、厚い生地が6号帆布となっています。
厚くなればなるほど丈夫ではありますが、当然針を通すのは大変です。
ちょっと厚みがありすぎて、人によってはゴワゴワした印象を受ける場合もあります。
丈夫に作りたいから!と単純に厚手を選んでしまうと、針を通すのが大変になるので、注意してください!

不器用で作るのは難しい…

不器用でなかなかバッグを作るのは難しい人は、しまむらで販売している帆布のトートバッグを手に入れてみてはいかがでしょうか? 帆布のバッグとしては手に入れやすい価格の3900円だそうです。
カラーも選べますし、内ポケットも7つも付いていて、更にトートとショルダーの2WAYバッグなんです! こちらも昨年から人気で売れている商品なんですよ!
次のページを読む
1 2
Share:
yukota