DIY

自然の葉脈が美しい♡スケルトンリーフで秋アクセをDIYしてみよう!

季節は秋。そろそろ秋に似合うアクセを作りたい人も多いのでは?そこでオススメしたいのがスケルトンリーフ。スケルトンリーフとは、葉っぱの葉脈だけを残して加工された、繊細なレースのような素材のこと。フラワーアートなどによく用いられます。そんな素敵な素材でこの秋はハンドメイドアクセを作ってみては?お友達に一歩差をつけられること間違いなしのおしゃれな作品になりますよ。

スケルトンリーフ

スケルトンリーフは、お花屋さんや最近はネット通販でも手に入れることができる、とっても秋冬らしい素敵なハンドメイド素材です。
色や形もさまざま。
お好みのものを入手しましょう。

レジンで固めて

レジンで固めると、アクセサリーへの加工もしやすいですね。
パールとお花をあしらったバレッタ。
バレッタのように脱着に少し力のかかるものは、レジン加工したほうが安心かも。
自然のレース素材のようなスケルトンリーフには、お気に入りのはぎれを合わせて透け感を楽しんでも。
細かい柄のものが可愛いでしょう。
木の実に見立てた巻き玉がキュートな、ペンダント。
シンプルなニットに合わせたら、とってもおしゃれでしょうね。

スケルトンリーフの風合いを生かして

ピアスなど特に力のかからないアクセには、スケルトンリーフのそのままの魅力を活かして、レジンは使わないというのも手。
パールを散らしたイヤリング。
白いスケルトンリーフの優しい雰囲気が、秋冬にぴったりのイメージで素敵です。
次のページを読む
1 2
Share:
yuu100555