DIY

手帳の買い替えの季節!オリジナルダイアリーの手作りアイデアをご紹介♪

そろそろ新しい手帳が欲しくなる季節。来年の手帳は、自分で手作りしたオリジナルダイアリーを使ってみませんか?無印良品や100円ショップで買った手帳を自分なりにリメイクすると、とても可愛いカバーの手帳になりますよ♪さらに、まっさらなノートブックを買って、カレンダーを書き加えて手帳にする方法もあります。そのときに参考にしたいおすすめのレイアウトのデザインアイデアや、手帳の表紙のDIY方法をご紹介します。

そろそろ新しい手帳が欲しい季節!

秋に入り、もうすぐ一年の終わりが見えてきた頃。
文房具コーナーへ行くと、もう来年の手帳が並んでいる季節になりました。
買ったものもいいですが、自分でDIYしたオリジナルダイアリーならもっと充実した時間の使い方ができるかもしれませんよ♪ 今回は、買った手帳のカバーをリメイクする方法と、まっさらなノートブックで新しく手帳を作る時のデザインアイデアをご紹介します。

文字でかっこよく

無地の表紙を生かして、こんな風に存在感のある文字を配置するとおしゃれな手帳になります。
グラフィックを参考にして自分で書くほか、シールを貼ったりスタンプをペタペタする方法なら簡単ですよ。

イラストで可愛く

イラストに自信のある人は、油性ペンなどを使って手帳の表紙に直接描いてみましょう。
上手じゃなくても、味がある絵であることがおしゃれに見えるポイントです。

はぎれ布でカバーを手作り!

家にあまっているはぎれ布を組み合わせて、手帳用のブックカバーを手作り。
予定を書き込むペンを収納できるポケットをつけられたりなど、手帳以外の機能を自由にカスタマイズしやすいですよ。

グラフィックを切り貼り!

絵を描くのが上手じゃなくても、配置をするセンスがあればおしゃれな手帳は簡単に作れます。
いらないグラフィックを三角に切り、グリッドを作るように隙間を開けながらのりで貼ると、高級なデザイナーズダイアリーのようになりますよ。

星座のデザインは意外と簡単!

白いマーカーで点をうって、それを線でつなげていきます。
そうするだけで、星座のグラフィックが作れるんです。
ロマンチックな表紙の手帳が簡単にDIYできます。

マスキングテープでグリッドを作ろう

真っ白なノートを買って、手帳に必要なカレンダーを書き込んで一から作る方法もあります。
マスキングテープを細く切ってのグリッドを作り、数字を書き込めばおしゃれなカレンダーページの完成! ノートの表紙は手作りのカバーで覆えば、完全オリジナルの手帳になりますよ。
次のページを読む
1 2
Share:
kurokimisa