DIY

手作りお菓子を簡単ラッピング♡可愛い「紙コップギフトボックス」の作り方

100円ショップで何個もパッケージされて売っているお得な紙コップを使って、可愛くお菓子をラッピングできるのをご存知ですか?チョコレートやキャンディーなどの細かなお菓子を詰め込んだり、紙コップで作った焼き菓子をそのまま包めるとっても便利な方法なんです!さらに、マスキングテープを使ったり、リボンで結んだりすると本格的なプレゼントにも最適。紙コップを活用した簡単なギフトボックスの作り方をご紹介します。

紙コップでお菓子作りができる!

100円ショップで購入できる紙コップは、ドリンクを飲むときに使い捨てられるのでパーティーのときに便利な紙製食器です。
残った紙コップを使って、こんな風に焼き菓子を手作りできるのをご存知ですか? さらにお菓子を作れるだけじゃなく、ラッピングにも活用できるんですよ♪

なんとラッピングもできちゃうよ♪

紙コップの端に切れ目を入れ、順番に内側に折り返し、最後に真ん中をシールで留めればギフトボックスに変身! 簡単&可愛くお菓子を包めるので、クッキーや飴などをみんなに配るときに便利なラッピングアイデアです。

+αでもっとおしゃれ!

簡易ラッピングに便利な紙コップギフトボックスですが、そこからさらに手を加えれば本格的なプレゼントにもOK。
可愛い柄がプリントされた紙コップを使ったり、リボンやマスキングテープを使って、上品に仕上げることができますよ。
本格的な紙コップギフトボックスの作り方の手順をご紹介します。

①ハサミで切れ目を入れる

まず、ハサミを使って紙コップの端に切れ目を入れます。
このとき、間隔を均等にあけるのが上手に作るポイントです。

②穴を開ける

切れ目を入れてできた短冊の中心に、穴を開けます。
そこにさらにハトメと呼ばれる金属の部品をつけるとカッコ良くなりますよ。

③マスキングテープで端を隠す

紙コップの口元にあてる部分をハサミで切り取り、マスキングテープを貼ります。
こうすることで「紙コップ感」がなくなります。
最後に穴の部分にヒモやリボンを通して、内側に折れば完成です。

リンゴ風もできるよ♪

紙コップギフトボックスを赤いリンゴに見立てて、こんなキュートなラッピングをすることもできますよ♪ 自宅にあまっている紙コップを使って簡単にできるラッピング方法なので、お菓子を配るハロウィンやバレンタインデーの季節にも便利。
ぜひ紙コップを使ってギフトボックスをDIYしてみてくださいね。
Share:
kurokimisa