DIY

ライトやインテリアに!「メイソンジャー」をDIYする方法5選

100円ショップで売っている人気のキッチングッズ、メイソンジャー。夏が終わって冷たいドリンクを飲む出番が減ったメイソンジャーを活用して、おしゃれなライトをDIYしませんか?電飾のLEDライトをメイソンジャーにギュッと詰め込むだけで、とってもフェアリーな照明を手作りすることができるんですよ。さらに一緒に小物を入れれば、オリジナルライトのできあがり。電気を点けていないときも素敵なインテリアになりますし、ライトを使わないでインテリアを作ることもできます。メイソンジャーがあっという間に大変身!活用方法をお届けいたします!

メイソンジャーでおしゃれなインテリアをDIY!

冷たいドリンクをおいしくおしゃれに飲めると人気のメイソンジャー。
夏が終わって冷たい飲み物を飲まなくなると、自然と出番が減ってしまいます。
使っていないメイソンジャーを活用して、おしゃれなインテリアを手作りしませんか?様々な方法をご紹介してまいります!

1.ライトを詰めるだけで「メイソンジャーライト」の出来上がり!

電飾で使うLEDライトをメイソンジャーに詰めるだけで手作りできる「メイソンジャーライト」なら、簡単に可愛くメイソンジャーをアレンジできますよ。
制作費用もとても安く、たったの数秒で完成するのも嬉しいですよね。
普通のキャンドルタイプのライトを入れても光が拡散して雰囲気のあるライトになりますが、ワイヤーに小さなライトがついているタイプのものでしたら、まるで瓶の中に星空を閉じ込めたかのような、幻想的な照明が完成します。
お部屋に一つあるだけで一気に雰囲気が変わりそうですね。

1-1:取っ手をつければランタンみたいに

フタの部分に針金を巻き付けて取っ手の形するだけ。
壁にかけて使ってもかわいいですが、間接照明としてお部屋の一角に置くだけでおしゃれに演出できます。
繊細で女性らしいフェアリー部屋になりますよ。
フタの素材によっては少しレトロなランタンのように見せることもできます。
また違った気分で楽しむことができますね。

1-2:ドライフラワーを一緒に詰めよう

ビンの中にドライフラワーを詰めると、明かりに透けるお花が素敵なライトになります。
暗さを味わうような、ロマンチックな雰囲気が楽しめますよ。
詰め込む量によって明るさも変わってきますので好きな明るさになるように調整して入れてみてくださいね。
普段光が透けるイメージのないドライフラワーですが、こんな活用方法であまり見られない姿を見ることができますね。

1-3:ビーチコーミングした貝殻もおすすめ!

夏のレジャー先で拾って集めたキレイな色の貝殻も、この中にギュッと詰め込みましょう。
貝殻の表面のきれいな造形や、輪郭がくっきりと浮かび上がります。
素材によっては光が透けてとっても素敵。
ビー玉などのガラス素材のモノを入れてもキレイですね。
透明感のあるカラーがより夏の感じを引き立ててくれそう。
夏の思い出をメイソンジャーの瓶の中にいつまでも閉じ込めてくれそう。

2.ポプリを詰め込んで

メイソンジャーは、ライト以外のものを入れてアレンジすることができます。
おしゃれにラッピングしたり中にポプリやドライフラワーなどを入れて雰囲気のあるナチュラルインテリアに活用できますよ。
好みに合わせてパールやゴールドなどのビーズやオーナメントを合わせてもかわいいですね。
少しアンティークな感じになりそうです。
リボンなどで装飾すればプレゼントにもよさそうですね!

3.ポップな置物に

パーティーテーブルの中央に置いたり、結婚式のネームプレート立てとしても使えます。
しっかりとした存在感のある瓶に、絵をつけたポップをつけて装飾すれば、あっという間にポップな置物の出来上がり。
いろんな場面に合わせて作ることができるので、内容に合わせて考えてみるのも楽しいかも。
次のページを読む
1 2
Share: