DIY

ダイソーの便利工具「タッカー」でDIY!子供の豆椅子用カバーを手作り

子供が座る小さな豆椅子を、100円ショップで売っているタッカーを使って可愛くリメイクしてみませんか?豆椅子のシートはビニール素材でできているものが多く、劣化するとすぐに破れてしまいます。お気に入りのファブリックを重ねて、破れたシートを目隠ししたり、キャラクターものの派手なシートカバーを張り替えることができるので、お部屋によくなじむ家具になります。椅子のカバーのリメイク方法をご紹介します。

100均のタッカーを活用しよう

100円ショップで売っている、ホッチキスのような工具のタッカー。
ファブリックパネル作りなどに便利に使うことができますが、それ以外にも便利な活用方法があるのをご存知ですか?

豆椅子をリメイクできる!

タッカーは、子供が座る豆椅子のシートカバーの張り替えにとても便利なんです。
タッカーを使えば、おしゃれな豆椅子に生まれかわりますよ。

豆椅子リメイクの方法

豆椅子のリメイク方法はとても簡単で、ママにもできる方法です。
こちらの動画で丁寧に紹介されているので、ぜひ参考にしながらチャレンジしてみてください。
家事や育児の空き時間を利用して、子供のインテリアを可愛くリメイクしましょう♪

お部屋になじむおしゃれな家具になるよ♪

お気に入りのファブリックを使って、豆椅子をアレンジ。
こんなにおしゃれな家具に大変身します。
キャラクターものの目立つ柄はお部屋になじみにくいですが、これならお家の中のどこにでも置けそうですね。
ビニール素材は経年劣化しやすいく、長く使っていると中心部分の素材が伸びて破れやすいんです。
破れたり傷ついてしまった豆椅子のシートの目隠しにもなりますよ。

大人用の椅子もリメイクできる!

子供用の豆椅子だけではなく、大人が使う椅子の座面のリメイクもできます! クッションのようにズレることがないので、座り心地がとてもいいですよ♪
スタッキングチェアの座面も、この通り。
マリメッコのファブリックが加わって、白木の椅子がより北欧風の家具になりました。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko