DIY

ママにおすすめ!便利&子供が喜ぶ牛乳パックのリメイクアイデア7選

お子さんいる家庭では特に、牛乳はよく飲まれる飲み物です。ゴミとして出てしまう牛乳パックを集めて、生活に便利なものにリメイクしませんか?スーパーでリサイクルに出せる牛乳パックですが、少し手元に残しておいて家庭で使えるアイテムをDIYしましょう。収納グッズとして活用したり、子供のためのおもちゃをDIYできます。防水加工されているのに薄めのしっかりした紙素材なので、日常的に使うものを手作りできますよ。

①便利な「小物入れ」

牛乳パックを洗剤でよく洗い、よく乾かします。
その後、底の部分を切って、ちょっとしたものを入れるのに便利な小物入れを手作りしましょう。
布を貼ると可愛くなりますよ。

②小さな「卓上用引き出し」

大きめに切った牛乳パックをフレームに使い、小物入れを収納すると小さな収納ボックスになります。
卓上に置いておくと、細かいものをしまえるのでとても便利ですよ。

③使い捨てられる「クッキングボード」

匂いのつく魚などの生ものを切るときに便利な、使い捨てられるクッキングボードになります。
防水加工がされており丈夫なので、キッチンの必需品になりますよ。

④「カトラリー収納ボックス」で整理整頓

牛乳パックを半分に切り仕切りを作ります。
すると、引き出しの中に入れて使えるカトラリー収納ボックスになりますよ。
入れたいものに合わせて仕切りの間隔を調整しましょう。

⑤子供が楽しく遊べる「けん玉」

半分に切った牛乳パックの底にヒモとボールをつけて、手作りのけん玉をDIY。
子供が楽しく遊べるおもちゃになります♪

⑥手作り「ソファ」で子供も大喜び♪

牛乳パックを組み立てて布を貼り、子供のためのソファを手作り。
まるで王様気分になれるような、立派なソファを喜んでくれること間違いなしです。

⑦牛乳パックを集めた大作「お家」

大量の牛乳パックのストックがある場合は、こんなお家を手作りすることができますよ。
隠れ家や秘密基地のようなお家があれば、子供たちがお部屋の中で楽しく遊んでくれそうですね♪ ぜひ牛乳パックを活用して、日々の暮らしに役立ててくださいね。
Share:
kurokimisa