DIY

100均素材で作る!優しく灯る「ソーラージャー」の超簡単〜上級DIY術

太陽光で灯るランプ『ソーラージャー』をDIYしてみませんか?100均の「瓶」と「ソーラーライト」で作れるからコスパ抜群*しかも!ソーラーパネルで集めた太陽光で点灯するから、何個作っても電気代は0円◎さらに今回は、お子さんも楽しめる超簡単な作り方〜DIY上級者さん向け”本格テク”まで盛り沢山でご紹介*昼間日光で充電し、夜間ほんのり灯る省エネなインテリア照明♡秋の夜長のお供にいかがですか?

材料について:

【用意する物】 ・ソーラーライト ・蓋付きのガラス瓶(耐熱性のあるもの) ・接着剤 ・くもりガラススプレー(なくてもOK)
ソーラーライトは『ソーラーガーデンライト』や『ソーラーアクセントライト』など名称はまちまちですが、ダイソーやキャンドゥ、セリアで買えますよ!

下準備:

空き瓶の外側に「くもりガラススプレー」をまんべんなく噴霧して、しっかり乾燥。
行燈の様なやわらかい照明になります。
ーただし、蓋の上部には噴霧しないで!この面から太陽光を集めます。
※くもりガラススプレーを使わない方は、この行程はスキップしてOK!

【基本編】STEP1

ソーラーライトの本体から「トップ部分」を取り外します。

STEP2

太陽電池や充電池などが内蔵されており、突起部分がLEDランプ。
反対面にソーラーパネルが付いています。
これを、そのまま蓋の裏側に貼付ければ…

完成です!

あとは、日当りの良い窓辺などに置いておけば勝手に充電し、暗くなると自動で灯ります♡ 明るくなると自動で消えて充電を始めるため、消し忘れやチャージの心配が不要なのも魅力的!

【上級テク】さらに美しく作るために!

糊付けするだけじゃ物足りない!そんなDIY上級者さんに、より美しく仕上げるテクをご紹介します。
トップ部分をドライバー等を使って解体。
外側を覆った(保護用)プラスティック容器を外し…
次のページを読む
1 2 3
Share:
miyuki