DIY

絵は苦手だけれどプラバンを楽しみたい!プリンターで印刷する方法とは?!

小物を作ったり、アクセサリーを作ったり、プラバンを楽しんでいる人も多いですよね。でも、絵が得意ではない人にはなかなか気に入るものを描けなかったりするんです。プラバンにプリンターで印刷できれば…と思っていた人に朗報です!ツルツルしたプラバンにも印刷できるテクニックがあるそうですよ!早速チェックしてみましょう!

そのままのプラバンに印刷はできない

絵が得意ではない人でも「プラバンは透明だから下に元絵を入れて、なぞればOK」だと思っている人がいますが、本当に不器用な人は、キレイになぞるのも大変なんです。
線がヨレてしまったり、はみ出してしまったりもします。
だからこそ、プラバンに直接気に入った絵を印刷できれば…と思っている人がいるんです。
でも、プラバンは表面がツルツルしていますし、インクを弾いてしまうので印刷することができないんです。

印刷できるプラバンも販売中

インクジェットプリンターでプリントができるプラバンも販売されていますが、通常のプラバンと比べるとやっぱりちょっと価格が高いんです。
そこで、ちょっとした方法を使って、自分でも印刷できるプラバンを作ってみませんか?

自作で印刷できるプラバンを作ってみよう!

まずは、プラバンにヘアスプレー(ケープを使っている人が多いみたいです)をまんべんなく薄く吹き付けます。
その後、ドライヤーで乾かします。

乾かしたプラバンに印刷をする

後はプラバンをインクジェットプリンターに入れて、印刷をします。
左右反転して印刷するようにしてくださいね! 印刷した後は、印刷面は触らないようにした方が良いようなので、気を付けてくださいね! その後に再び、スプレーを吹きかけて、ドライヤーで乾かします。
好みの形に切り抜いたり、穴を開けたりして、形を整えます。

後はいつもの様にトースターで焼くだけ!

後は通常の通り、トースターで焼けばOKです。
熱いうちに平らな板に挟んでまっすぐにするのも忘れないで下さいね!

まとめ

カワイイアイテムを作ろうとしても、なかなかキレイにできないと悩んでいた人も多いはず。
そんな時には、ぜひプリンターで印刷して、ステキなアイテムを作ってみてくださいね! 印刷できるので、思い出の写真をプラバンにすることだってできます!ぜひいろいろと楽しんでみてください!
Share:
yukota