DIY

使いやすくおしゃれにするコツをご紹介!キッチンのコーディネート術7選

お家の中でも、特にモノが多く、生活の重要な作業場であるキッチン。毎日おいしい食事を作るのには、使いやすく気持ちのいいキッチンがなくてはなりません。上手なキッチンのインテリアコーディネートの方法は、コツを知っているだけでどんなに狭いキッチンでも応用できるものばかりだとご存知ですか?収納を工夫すればおしゃれに見せることもできます。キッチンスペースの作り方のコツをポイントを押さえながらご紹介します。

①キッチンとお部屋を分ける

もっとも重要なのが、キッチンスペースとほかのお部屋のスペースをしっかりと区切って分けることです。
作業場であるキッチンが丸見えになると、それだけで生活感たっぷりなお部屋になってしまいます。
腰くらいまでの棚を置いたり、天井からファブリックを垂らすだけでもまったく使い勝手が変わるので、ぜひ実践してみてください。

②収納場所を上手に隠す

冷蔵庫やレンジといった生活家電や、調理用具や食器などのキッチン用品、食材やスパイスなど、とにかく必要なモノが多い場所。
見せながらおしゃれに収納できるもの意外は、100円ショップのつっぱり棒を活用した手作りカフェカーテンで、見えなくするとスッキリとした印象になります。

③コーナーを有効に使う

image by PIXTA / 25043728

キッチンのコーナー部分は、特にモノを手にとりやすいスペースでもあります。
必要なスパイスや調理器具は、コーナーに置くと使いやすいですよ。
また、お部屋から遠くなり見えにくくなるので、生活感を和らげることにもつながります。

④壁を天井まで活用する

image by PIXTA / 32440761

キッチンの壁は、棚を取り付けたりフックやパイプを活用して、天井までしっかりと収納に活用しましょう。
季節品などあまり使わないものは上の方に、よく使うものは目線〜腰の高さに、重たいものは下に置くと効率のいい収納ができます。

⑤アクセントカラーで垢抜け

キッチンをおしゃれに見せるには、どこかにアクセントカラーを取り入れると垢抜けますよ。
例えばカフェカーテンを鮮やかなカラーにしたり、キッチンの一部の壁面にデコレーションタイルをペタンと貼るだけでもOK。

⑥キッチン近くに作業スペースを設ける

image by PIXTA / 32318710

キッチンの反対側に机を置いて、キッチンカウンター替わりになるスペースを設けましょう。
買い物した食材やできあがった料理を置いたり、家族に料理を手伝ってもらうときの作業スペースになります。
また、キッチンをお部屋を区切るのにも役立ちますよ。

⑦使いやすくカスタマイズする

image by PIXTA / 25043729

キッチンの壁面に有孔ボードを取り付けたり、100円ショップのアイアンウォールバーを取り付けて、キッチン用品を使いやすくカスタマイズする工夫をしましょう。
使いやすいキッチンは、片付けもラクチン。
いつでも整っているキッチンなら気持ちよく使うことができるので、自然とお掃除もこまめになります。
いかがでしたか? ぜひご紹介したポイントを参考にしながら、お家のキッチンを使いやすくコーディネートしてくださいね。
Share:
yoshiko