DIY

手作りカバーでおしゃれ雑貨に変身♡ティッシュケースのおすすめDIY方法

生活必需品であるティッシュは、お部屋のなかでも使いやすく、よく見える場所に置いておくことが多いアイテム。しかし、購入したままのケースには商品名が入っており生活感が出てしまいます。ボックスティッシュは専用のティッシュケースに収納して、おしゃれにラッピングしてしまうのがおすすめです。ほかのインテリアともなじむようになるので、お部屋がよりオシャレに見えますよ。おすすめのDIY方法を厳選してご紹介します。

ボックスティッシュはカバーをかけて使おう

毎日使うティッシュは、卓上のよく見える場所に置きますよね。
買ったままの状態で使うよりも、カバーをかけてしまえば他のインテリアともなじみ、生活感を押さえることができます。
こちらは、100円ショップのてぬぐいをキュッと巻いただけの簡単カバー。
たったこれだけの手間で、お部屋がおしゃれに見えますよ。

「布」を使えばナチュラルになるよ

ナチュラルな素材感の布製のティッシュケースは、北欧風のテーマのお部屋やナチュラルなお部屋にぴったり。
お気に入りのファブリックを使って手作りしてみてくださいね。
布だと自由な加工がしやすいので、こんな風に輪っかをつけ、吊るして壁面収納することもできます。
場所を取らないので、いろいろなスペースにひっかけておきたくなりますね。

レトロ可愛い「タイル」

100円ショップで売っているティッシュケースに、小さなタイルをペタペタ貼ってモザイク柄にリメイク。
レトロな雰囲気になるので、カフェ風インテリアとの相性が特に良いですよ。
タイルはぎっしり貼らず、こんな風にポイント使いしても素敵。
100均のガラスタイルなら、クリアケースの透明感を引き立ててくれますよ。

おしゃれな「空き箱」や「ショッパー」を活用!

普段ゴミとして捨ててしまう靴の空き箱は、スポーツブランドのロゴが入ったカッコいいデザインのものが多いです。
それを活用して、スポーティーなティッシュボックスをDIYしましょう。
おしゃれなカフェや洋服のブランドのショップバッグもユニークなケースになります。
ボックスティッシュを詰め、ラッピングするように包んで取り出し穴を開けるだけと、作り方も簡単。
お部屋の雰囲気やテーマに合わせた素材を使って、おしゃれなインテリアのようなティッシュケースを手作りしてくださいね。
Share:
kurokimisa