DIY

100均リボンで簡単手作り!リボンを使ったバラの作り方と活用法5選!

コサージュやアクセサリー作りに大活躍するバラの花のモチーフを、100円ショップで売っているリボンやお手元にあるリボンを使って手作りできるのをご存知でしょうか?しかも、折りたたんで引っぱるだけでお花の形が簡単に作れます。針と糸を使わず裁縫作業なしで手軽に作れるので、量産も簡単。今流行している造花のブーケもすぐに手作りできます。インテリアのリメイクに活用したり、プレゼントのラッピングに付け加えることができて便利ですよ。活躍の場面がたくさんのリボンのバラ。作り方と、活用方法をご紹介しちゃいます!

1.100均のリボンでバラの花を手作りする方法

アクセサリーやコサージュ作りによく使う布製のバラのお花。
花びらを一枚一枚再現するのは、結構大変な作業です。
実は、100円ショップで売っているリボンを使って、バラのお花を簡単に手作りできるんですよ。

早速作り方をご紹介。
上の動画を再生していただけましたらわかりやすいですよ。
リボンを折りたたんで引っ張る、根元の部分を接着剤やホチキスなどで止めるだけ。
しかも針と糸を使わなくいいので、ぜひ作り方を覚えて色々なDIYに活用してくださいね。

あっという間に完成!

リボンを引っぱるだけで、このようなバラの花がほんの数秒から数分で手作りできます。
ひとつ作るのにほとんど時間がかからないので、量産も余裕ですね。
最初はきれいにできなくても大丈夫です。
何回か作ってみるとうまくできるようになりますよ。
このリボンのバラの花を使ったDIYアイデアをご紹介します。

2.活用法その1:おしゃれな造花の一輪挿しにしよう

バラの花の根元に針金やワイヤーを使って茎の部分を足し、造花を手作り。
一輪挿しや調味料などの空き小瓶に飾れば、さりげない印象でお部屋をオシャレにしてくれます。
キッチンの一角に、玄関先に、お部屋の小物置き場の横に。
どんなところにも簡単に置くことができます。
枯れない花なので水をかえる必要もありません。
お手入れもホコリが付いたら払う程度で簡単ですよ。

たくさん作って飾っても素敵ですし、造花のブーケだって簡単に作ることができます。

3.活用法その2:プレゼントのラッピングに最適!

プレゼントのラッピングの仕上げに、バラのお花をペタンと貼ってみましょう。
写真のようにサテンのリボンで作るとつやっとした光沢がゴージャスでプレゼントのラッピングにぴったりですね。
オーガンジーのリボンやビーズなどのパーツにも合いますね。


また、ケーキの飾りとしてロウソクのように差すアイデアもおもしろいですよ。
ちょっとした飾りつけのワンポイントにいかがですか?

4.活用法その3:インテリアのリメイクに♪

手持ちのインテリアや雑貨にバラのお花をくっつけてリメイク。
エレガントさを感じる小物になりましたね。
手持ちの雑貨の色味やイメージに合わせたバラを作ってみましょう。
他のレースやネットなどと組み合わせてオシャレに作り替えましょう。
さりげないワンポイントにもできますし、いっそ主役にしてバラのインテリアに作り替えることもできます。
あなた色のバラのアイテムを作ってみましょう。

5.活用法その4:ヘアアクセを作ろう

素材が布なので肌を傷つける心配がなく、ヘアゴムやヘアピンに使うのもおすすめです。
お子様のアクセサリーにもあんしんですね。
身に着けるものなので厚めのリボンで作ると強度も出てよりながく使うことができます。
普段着をおしゃれに格上げしてくれたり、パーティー時のファッションにも使い回せて便利。
オリジナルのコーディネートでたちまち人気者になることうけあいです。

6.活用法その5:アクセサリーのモチーフにしよう

ピアスの部品やコサージュの土台に接着剤を使ってバラの花を固定します。
お花のモチーフのアクセサリー作りに大活躍します。
バラのモチーフなのでパールなどのパーツを合わせるとさらにゴージャスになりますね。
リボンの素材を変えるだけでアクセサリーのイメージが変わります。
サテン素材で光沢を活かしたゴージャスなアクセサリーにしたり、ベルベットの素材で少し大人のアクセサリーにしたり、方法は様々です。

また、カーテンやテーブルクロスなどのファブリックにちょこんと縫い付けたり、お洋服のリメイクにも便利。
いろいろな場面で活躍してくれそうですね。
次のページを読む
1 2
Share: