DIY

初心者OK!夏のUVをオシャレにカット「アームカバー」を作ろう♪

「アームカバーって、UV対策のために使っているけど、可愛いのがないなぁ」大丈夫です。それなら自分で可愛いのを作ってしまいましょう。お家にある不要な長袖Tシャツを使うから、お裁縫が苦手な人でも、初心者さんでも大丈夫です。せっかくDIYするんだから、実用的に使える可愛いアイテムを作って、夏を楽しく過ごしましょう。

必要なもの

・袖(不要な長袖Tシャツから) ・パール(手芸コーナーにあります) ・針 ・糸 ・マチ針 ・手芸糸 ・接着剤 ・ミシン(なくても大丈夫) ※材料は、100均で揃います。
腕に袖を通して、親指の穴を開ける場所を決めます。
マチ針でとめます。

シャツの切れ目を処理します

長袖Tシャツからカットした、袖を裏返して「切れ目」を処理しましょう。
マチ針でマークをしてから、接着剤をつけたら失敗しません。
長さが均一になるようにしましょう。

親指の穴を開けます

親指の穴をハサミでカットします。
穴を開けたら、刺繍糸で切れ目を処理しましょう。
ブランケットステッチを使いましょう。

ブランケットステッチ(動画)

親指の穴に「ブランケットステッチ」をすれば、ほつれも防げて処理ができます。

パールをつける

好きば場所にパールをつけましょう。

完成!

接着剤が乾いたら、完成!白とパールが素敵です。
カンタンなので、色を変えて、たくさん作りたいですね♪
次のページを読む
1 2
Share:
MrsAida