DIY

多肉植物の寄せ植え応用編!室内でも楽しめるミニチュアガーデンを作ろう♪

水分をたっぷりと含んだプニプニとした葉っぱが愛らしい多肉植物が、観葉植物のなかでも大ブームを巻き起こしています。多肉植物を可愛くお部屋に飾るなら、「ミニチュアガーデン」を作ってみるのはいかがでしょうか?流行の寄せ植えの進化版で、多肉を使ってお部屋の中に小さなお庭を出現させちゃうことができるんですよ♪雨の日でも、お庭がない家でもガーデニング気分が味わえるミニチュアガーデンのアイデアをご紹介します♪

多肉の寄せ植えをもっと楽しみたい!

プニプニの質感が大人気の多肉植物は、数年前の大ブームを経てすっかり人気の観葉植物として認知されました。
アレンジも充実してきて、最近は多肉の寄せ植えが流行中。
プニプニの多肉たちがギュウギュウにつまっている姿がなんとも可愛らしいんです。
さらに多肉愛好家たちの間で、別のガーデニング方法が編み出されたんですよ。

「ミニチュアガーデン」を作ってみない?

多肉植物を大きな木や草に見立てて、ミニチュアの箱庭を作る「ミニチュアガーデン」が流行っているんです! 背が低く小さなサイズのまま印象の変化が少なく、水やりの手入れの手間がかからない多肉植物だからこそ、ほかのアイテムとの組み合わせも簡単なんです。

マスコットやお家を散りばめて

鉢の中にひとつの世界を作るように、マスコットフィギュアや小さなお家を配置しましょう。
賃貸マンションでお庭がないお部屋に住んでいても、ガーデニング気分を味わえますよ♪

ガラスビンの中に牧場を作ろう♪

こけのような植物を草原に見立て、石や砂を敷き詰め動物のフィギュアをスタンバイ。
本来広大な土地が必要な牧場が、なんと家の中のインテリアとしておさまっちゃいます。

ワイヤーバスケットを活用!

100円ショップの人気収納グッズ、ワイヤーバスケットを横に倒し、多肉や小さな木の枝を使って地面を再現。
壁面を使うので場所をとらず、お部屋がおしゃれに見えるインテリアです。

砂漠を詰めたみたい!

ガラスの容器のなかに乾いた砂や小石を敷き詰め、サボテンを植えましょう。
すると、まるで砂漠に群生するサボテンのようになるんですよ。
砂が見えるように、植えるときに幅をもたせるのがコツです。
いかがでしたか? ミニチュアガーデンは、多肉植物がもっと楽しくなるガーデニング方法です。
ぜひ試してみてくださいね。
Share:
kurokimisa