DIY

レースペーパーを家にあるもので染色してみよう☆お子さんの自由研究にも最適のテーマです!

染色といえば、なにか特殊な道具や本格的な染料が必要になってくると考えている人は多いかと思います。しかし、実は特別な染料などがなくてもお手軽に染め上げることができてしまうんです! 材料や染める時間によっても色味が変わってきますので、ぜひ楽しんでみてください。可愛らしいレースペーパーを染めれば、お子さんの夏休みの自由研究テーマにも使えそうですね♪ それでは、気になるレースペーパー染色についてさっそくご紹介していきます!

とっても可愛いレースペーパーを自由に染色してみませんか?

image by iStockphoto

染色というのは、紙や布などを自分好みのカラーリングに染め上げてしまうこと。
一口に染色といっても色々なものがあるかと思いますが、今回は「レースペーパー」を染色してみませんか?

小さいものですから子どもでも簡単にできますし、染料として用意するものは家にあるようなものばかりでOK! DIY初心者さんにもおすすめなんです。

難しい特殊なやり方をするのだと考えている人も多いかもしれませんが、本当に簡単なのでぜひチャレンジを!

100均のレースペーパーを使えばとってもリーズナブル!

でも、レースペーパーなんて買ったら高いんじゃないの? と思う人もいるかもしれませんが、ハンドクラフトファンにはお馴染みの100円ショップでも可愛らしいレースペーパーが販売されているんですよ!

このレースペーパー染色は見た目がキュートに仕上がるので、小学校の自由研究にピッタリ。
「染めておく時間が違えばどれくらい色に変化があるのか?」「どんなものを使えばどんな色に染まるのか?」など、予想と実際の結果を記録しておけば立派な自由研究になりそうですね♪

気になる染め方はこちらの動画を参考にしてみましょう♪

具体的な染色の方法はこちらの動画が詳しいので、ぜひ参考にしてみてください。

一番スタンダードなのは、濃い目に作ったコーヒーをバットなどの容器に入れて、染めたいものを一枚一枚しっかりと浸し、ちょっとの間放置しておくという方法です。
こちらの動画では30分を目安にしていますが、どれくらい浸けておいたらどのような色になるのか試してみるのも楽しそうですね♪

乾くまで新聞紙に乗せておくやり方の他、人によっては洗濯ばさみではさんで干しておく方法を取ることもあるようですよ。

染色アイデア1☆コーヒーで染めてみるとこんな色合いに

動画でも紹介されていた人気のものがこちらのコーヒー染め。
左が染める前のレースペーパーで、右側がコーヒーの色に染め上げたレースペーパーなんですよ。
セピアカラーのような染まり具合がレトロな雰囲気を醸し出し、とっても素敵だと思いませんか?

普段コーヒーを飲むときはお湯を使いますが、染色に使う場合には火傷してしまう危険性がありますので、無理せずお水に溶かして使ってくださいね。

染色アイデア2☆もちろん紅茶で染めることだってできます

こちらは紅茶を使って染めたパターンです。
こちらも茶色に染まるのですが、コーヒーで染めたものとはちょっと違う、赤っぽい色味に仕上がるのが面白いですね。
なんだか可愛らしいカラーリングに見えます♪

紅茶の場合はお湯を使用しないとなかなか色が出てくれませんので、自由研究で行う場合は必ず大人が付き添ってあげましょう。
飲用の紅茶よりも濃い目に入れるのがオススメ。
具体的に言うといつものお湯の量に二つのティーバッグを入れるくらいがちょうどよさそうです。

染色アイデア3☆余った赤ワインを使ってキュートなカラーに

晩酌ののこりや余った料理用ワインを使って、レースペーパーを綺麗な色に染め上げてみましょう。
紅茶やコーヒーが茶色系統だったのに対し、こちらは見事なワイン色に染まってくれます。

ワインはもちろんアルコールですので、小さいお子さまが行う場合には少し注意してください。
もしも心配であれば軽く煮立たせてアルコールを飛ばすか、ノンアルコールのワイン風飲料を使用するというのもいいかもしれませんね。

染色アイデア4☆カラーペンや絵具を使えば自分好みの色にすることも

カラーペンやカラーインク、アクリル絵の具などを素材にすれば、当然のことながら自分好みのカラフルなレースペーパーを作ることができます。
やり方は、色水を作って浸しておくという簡単なものでOK!

こちらも「一定の量の絵の具に対しどれくらいの水を入れるかで染まり具合がどう変化するか?」など、色々と疑問を持ってから実際に染まり具合を観察してみるなどすれば、立派に自由研究のテーマになりそうですね。
次のページを読む
1 2
Share:
コトノ