DIY

紫外線を4秒当てるだけで固まるプラスチック!BONDICが便利だよ!

少し欠けてしまったものや折れてしまったものをちょっと修理したい時に「目立たずにすぐに固まるプラスチックのような物がないかなぁ」と思ったことはありませんか?そんな気持ちを実現してくれるアイテムが「BONDIC」なんです!紫外線を当てて4秒で固まるという速さも魅力ですよ!

BONDICって?

紫外線を4秒当てるだけで固まる液体プラスチックが「BONDIC」です! 今まで自分では修復するのが難しかったケーブルなども修復することができるので、とても便利なんですよ!

こんなものまで修復できちゃうの?

BONDICはペンのような形をしていて、UVライトがペンの後ろ側に付いています。
紫外線を当てて固めるのならUVレジンと対して違いがないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、UVレジン用のUVランプはちょっと値段が高いですし、置く場所も取ります。
BONDICなら液体をちょっと付けてすぐにUVライトを当てて固められるという手軽さがいいですよね!

8月1日から国内販売が開始!

8月1日から東急ハンズやホームセンターなどでも販売が開始されています。
より手に入れやすくなりましたよ!

ペンのように使えるから小さいものの修理もしやすい!

写真を見てみると、液体が出る部分が随分と細くできていることが分かりますよね。
だから細かいものや小さいものにも使いやすいんです!

使い方は?

まずはヤスリをかけて液体プラスチックが付きやすくします。
液体プラスチックを折れた部分を含め広めに塗布して、UVランプで固めるを何度か繰り返します。
最後に色を塗れば完成です。
動画を見て見ると分かりますが、固まっているのに多少柔軟性もあるのもポイントが高いです!

どんなものにも使えるの?

プラスチック、金属、木材、ガラス、セラミックなどにも使えるそうです。
ツルツルした物には、ヤスリを掛けたり、穴を開けたりして接着しやすいようにすると良いそうですよ! 防水性もあるので、ホースの修理や水槽の修理などにも使えます! 人体にも安心なので、欠けたコップの縁なども直して大丈夫なのも嬉しいですね!

まとめ

BONDICをUVレジンと変わらないと思っている人もいるかもしれません。
しかし、UVレジンだとUVランプの中に入らない大型のもの、例えば水槽などは修復しにくいのです。
BONDICはペンの後ろに付いているUVランプを照射すればいいので、本体の大きさやUVランプの大きさに捕われないで直せるのが魅力です。
今まで直したくても、なかなか直せなかったものなどを修理することができるBONDIC。
ぜひ手に入れてみませんか?
Share:
yukota