DIY

夏の思い出でインテリアをDIY♪おしゃれな「シーグラスランプ」の作り方

海に落ちているものを拾って集めるビーチコーミング。きれいな貝殻のほかに、シーグラスと呼ばれる透明なガラスのかけらを見かけたことがありますか?浜辺で拾ったシーグラスを使って、おしゃれなランプをDIYしましょう。薄く色とりどりのガラスの色が美しいシーグラスは、照明の光を柔らかく透過します。ランプを点けていないときも、可愛いインテリアの置物として使えますよ。夏らしい間接照明の作り方をご紹介します。

ビーチコーミングで拾ったシーグラスでDIY!

夏のレジャー先といえば海。
浜辺でビーチコーミングをして、貝殻やキレイなシーグラスを集めて遊んだあとは、持ち帰ってインテリアにDIYしてみませんか? シーグラスを使うと、夏らしくさわやかな照明を手作りできるんですよ。

「シーグラスランプ」を手作りしよう

シーグラスを使った「シーグラスランプ」は、丸みを帯びた優しい色のガラスが、柔らかく光を透過する間接照明です。
シーグラスはもともと、海に捨てられたビンなどのガラスのかけらが、海の満ち引きによって角が丸くなり、表面が擦れ浜辺に打ち上げられたもの。
「海からの贈りもの」とも呼ばれるほど、魅力的なガラスの石なんです。

ガラスビンにペタペタ貼るだけ!

シーグラスランプの作り方はとても簡単。
丸い形の透明のガラスビンに、グルーガンやガラス用の接着剤を使ってシーグラスをペタペタと貼っていくだけです。

貝殻やヒトデも貼ってアレンジ

ほかにも、ヒトデや貝殻などもいっしょにくっつけると、素材に幅が出ておしゃれなランプになりますよ。
拾った夏の思い出の中でも特別キレイなものを選りすぐりましょう。

ランプを入れたらできあがり!

ビンの口の方を下にして、そこから小さめの照明を入れます。
ランプの電気を点けたら、シーグラスランプの完成! ランプのコードが気になるなら、あまったシーグラスで覆って隠せばOKですよ。

空き瓶+紙粘土

ほかにも、紙粘土をガラス瓶の表面に貼り、シーグラスを押し込んで作る作り方もあります。
紙粘土の部分が目地のような役目を果たし、ナチュラルさを感じるおしゃれなランプになります。

積んでキャンドルを囲んでもOK

シーグラスをブロックのように積み上げていくアイデア。
真ん中にキャンドルが入るように、中心をぽっかり開けて作りましょう。
次のページを読む
1 2
Share:
kurokimisa