DIY

お掃除がもっと楽しくなるよ♪身近な素材でエコな掃除道具を手作りしよう

普段使っている掃除道具を、市販のものから手作りのものに切り替えてみませんか?身近なものを使って、お部屋をきれいに保つための掃除道具をDIYしてみましょう。手作りすれば買うよりも安く、しかも何度も使えるのでエコ。一度作り方を覚えてしまえば、使いやすくアレンジするのも簡単!愛着をもったアイテムなら、毎日のお掃除がもっと楽しくなること間違いなしですよ。おすすめの手作りの掃除道具を厳選してご紹介します。

はぎれ布で「はたき」を作ろう

image by PIXTA / 21797695

100円ショップで売っている木の棒に、家にあまっているはぎれ布を結びつけて「はたき」を手作りしましょう。
照明など、高い位置についているインテリアや棚の上のほこりを落とすだけで、清潔感のあるお部屋になりますよ。

ブリキナンバープレートで「ダストパン」

人気の100均商品であるブリキナンバープレートは、柔らかいので簡単に曲げることができます。
両端を曲げて取っ手をつければ、おしゃれな「ダストパン」に早変わり!

「ちりとりカバー」を作ればもっと可愛い♪

床に落ちたゴミを集めて捨てるのに便利なちりとり。
ちりとり用の小さなほうきに、はぎれ布を使ってカバーをつけるだけで、おしゃれなインテリアのようになりますよ。
これなら見える場所に掛けておいても気になりませんね。

毛糸で「アクリルたわし」を編もう

代表的な手作りお掃除小物といえば、「アクリルたわし」。
100円ショップで売っている毛糸をひと玉買えば、何十個も手作りすることができます。
食器もきれいに洗えると評判なんですよ。

折り紙の「たわし用ボックス」で収納

折り紙でアクリルたわしを収納するボックスを手作りしましょう。
アクリルたわしは、ぬらさずに使うと机の上のほこりをからめとってくれるので、から拭きに便利。
折り紙ボックスに収納して机の隅に置いておけば、気付いたときにいつでも拭き掃除ができますよ。

「ハンドモップ」は細かい場所のほこり取りに便利!

毛糸で手袋の先のような形の「ハンドモップ」を手作りしましょう。
これを装着すれば、細かい場所のほこりとりも簡単です♪

洗えば何度も使える「床用モップ」

使い捨てのクイックルをよりも、洗え何度も使えるモップ用のカバーを手作りするのがおすすめです。
アクリル毛糸で2枚編んでおけば、ひとつを使っている間にもうひとつを洗濯しておくことができますよ。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko