DIY

夏の生ゴミのにおいを防ごう!キッチンを衛生的に保つみんなの対策アイデア

気温が上がり湿度も高い夏は、生ゴミの腐敗が特に気になる季節です。ゴミ出しの日までお家の中で衛生的に生ゴミを管理する方法を知っていれば、お家での生活がもっと快適なものになりますよ。フタ付きのゴミ箱に入れて見えなくしておいても、どうしても気になってしまいますよね。生ゴミの異臭の原因を知っていれば、キチンと対策をとることができますよ。みんなの夏の生ゴミの対策アイデアを厳選してご紹介します。

夏の生ゴミ、どうしてますか?

家庭で料理するとどうしても出る生ゴミ。
特に夏の生ゴミ問題は、衛生的にもにおい的にも深刻なものです。
自分だけかと思いきや、みなさん意外と悩んでいるんですね。

夏は生ゴミがよく出る季節!

夏に食べたくなるよく冷やしたスイカは、体の中から冷やされる感覚になって気持ち良いですよね。
ですが、生ゴミがたくさん出るのが難点でもあります。
そのほかにも、フルーツやサラダに使う野菜など、夏は生ゴミが多く出る食べ物が意外と多いんですよ。

重曹パワーでにおいを防ごう

ナチュラルクリーニングで注目されている重曹。
お料理のふくらし粉としての機能もある重曹を使って、キッチンから出るゴミを衛生的に保つことができるんですよ。
重曹はアルカリ性。
対して生ゴミの嫌な匂いは酸性の性質があります。
なので、生ゴミから発生する悪臭を中和してくれる働きがあるんですよ。

重曹を振りかけて新聞紙に包もう

生ゴミは小さなビニール袋に入れて、重曹を一振りしてから、新聞紙で包んで捨てるとほとんど臭わなくなります。
簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

通気性のあるゴミ箱を使う!

生ゴミを腐敗させるのは、嫌気性微生物という微生物による仕業。
この微生物は、風通しがよく乾燥している場所が苦手です。
なので、処理する前の生ゴミは、風通しのいい竹かごに入れておくのがおすすめですよ。
竹かごにビニール袋を重ねて、リセット時に新聞紙で包んで重曹をふり、ごみ箱へポイ。
竹かごはざっと洗って吊るし干しすれば完璧です。

冷凍しておくのも手

調理中すぐに出た野菜くずや卵のカラなどは、ついさっきまで冷蔵庫にあったもの。
冷蔵庫に戻してしまうのが気にならない人には、この方法がおすすめです。
新聞紙で生ゴミの水気を吸わせ、ラップを敷いたタッパに収納して冷凍します。
さらに重曹を振りかけておけば、匂いはほとんどありません。

新聞紙+袋でオリジナルゴミ箱をDIY

水気を吸わせる新聞紙は、このように箱形に折っておき、ビニール袋でカバーをつければ完璧。
料理中に出たゴミをすぐにこの中に入れて水気を取ることができますよ。
使ったあとの新聞紙ボックスは、重曹を振りかけてゴミ箱へ。
いかがでしたか? みんなの生ゴミ対策を参考にして、お家で衛生的にゴミを管理してくださいね。
Share:
yoshiko