DIY

蜜蝋シートで簡単キャンドル作り!デコボコの表面もカワイイね!

キャンドル作りに挑戦してみたいけれど、なんとなく難しそうだったり、もうちょっと簡単にチャレンジできないかな…と感じていませんか?そんな人にオススメしたいのが蜜蝋シートです。本当にビックリするぐらい簡単にできますし、天然由来の成分でできているので、ナチュラル志向の人にもオススメですよ!

蜜蝋ってどんなもの?

蜜蝋はビーズワックスという名前でも呼ばれており、ミツバチの巣を精製して作った蝋のことです。
写真のような粒で販売されていることも多いですね。
元々ミツバチが作ったものなので、化学物質等に過敏な人にも使いやすいんです。

蜜蝋シートって?

蜜蝋シートは、蜜蝋を薄い板状にしたものです。
蜂の巣のように六角形の型押しがしてあることが多いです。
このデコボコ感が蜂の巣みたいでカワイイですね。

蜜蝋シートはカラーも豊富

蜜蝋シートはいろんな色が販売されていますよ。
お気に入りのカラーで蜜蝋キャンドルを作るのも楽しそうです。
蜜蝋シートはネットなどで手に入るので、興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね!

蜜蝋キャンドルの作り方

ドライヤーで温めて、蜜蝋用の芯をセットして巻きつけるだけで完成します。
簡単ですね! ドライヤーで温めて柔らかくするので、ヤケドには充分注意して行ってください!

シンプルなカタチでもデコボコがあるから一味違った雰囲気に

こちらはシンプルな形に作った蜜蝋キャンドルです。
表面のデコボコがあるので、一見シンプルですが、カワイイ雰囲気になりますね!

色違いのシートなどと組み合わせて

色違いのシートを2色で組み合わせて巻くだけで、こんなオシャレな蜜蝋キャンドルができちゃうんです!オリジナルのキャンドルも簡単に作れちゃうのが嬉しいですね!

芯は蜜蝋用を使ったほうが良いみたい

通常、ロウソクの芯はタコ糸などを使っている人が多いのですが、蜜蝋は天然由来がゆえに不純物が混じっていることがあり、なかなか芯に蝋が染み込まないことがあるのだとか。
できるだけ蜜蝋用の芯を使うのをオススメします。
次のページを読む
1 2
Share:
yukota