DIY

大河ドラマで再注目!丈夫でオシャレな「真田紐」って知ってる?

今年の大河ドラマでも注目を浴びている「真田」。真田親子が関ヶ原の戦い後に蟄居していた時に、真田紐を作って生計を立てていたという説がある「真田紐」。とても丈夫でしかもカワイイ柄のものがたくさんあるんです。この真田紐を使ったアイテムを作っている人がたくさんいるんです。まずはどんなものがあるかチェックしてみませんか?

真田紐って?

織物の平たい紐で、茶道具の桐箱の紐や、刀の下げ緒、帯留め、帯締め、荷物紐などに昔から使われてきました。
伸びにくく、丈夫でしっかりと縛れるので、さまざまな用途に使われてきたんですよ! さらに注目すべきは真田紐のデザインの豊富さ。
色も柄も豊富なのでいろんなアイテムに使われていて、DIYで楽しんでいる人もいますよ!

時計のベルト部分に真田紐

真田紐は丈夫なので、時計のベルトなどに使うのもステキですよ!真田紐のデザインはたくさんあるので、日替わりで好きな物を選んで組み合わせてみるのも良さそうですね。

ストラップもカッコいい!

丈夫な真田紐は無くしたくないもの等のストラップを作るのにピッタリです!家族でお揃いもステキじゃないでしょうか?

ヘアアクセサリーにも

真田紐で作ったヘアアクセサリーなら、浴衣にも合いそうですね。
帯締めなどと合わせても良さそうです!

ブレスレットもステキ

真田紐で作ったブレスレットも、カッコいいですね!模様によって雰囲気が変わるので、いくつも作りたくなっちゃいます!

自転車のグリップに巻く人も

昔は日本刀の柄の部分に使っていた人もいたという真田紐。
しっかり握りたいものに巻くのは自然なことなのかもしれません。
自転車のグリップもしっかり握れそうですね!

ペットの首輪に

首輪をボロボロにしちゃいがちなペットでも、真田紐なら丈夫なので長持ちしますしオシャレです!
次のページを読む
1 2
Share:
yukota