DIY

iPhoneのケーブルって壊れやすくない?ケーブルカバーで補強しよう!

使いやすくてオシャレなiPhoneやiPadなどのアップル商品ですが、ケーブルが壊れやすいという話を聞いたことはありませんか?そんなに雑に使っているつもりはないのに、酷い時にはケーブルが断線してしまったなんて話も聞きます。そこで、壊れる前にケーブルカバーを付けてみませんか?100均で買えるのものからDIYまで紹介します!

iPhoneやiPadのケーブルは壊れやすい?

持っている人が多いこともあるのかもしれませんが、iPhoneやiPadのLightningケーブルが壊れたという声はよく聞きます。
そういう私も過去にiPadのケーブルが壊れた一人です。
そのまま使うのは危険ですし、早めに対応をしたい所ですよね。

確認しておこう!

純正のLightningケーブルは保証期間内(購入から1年以内)であり、人為的な破損でなければ無償交換をしてくれるそうです。
もし壊れたとしても、条件に当てはまるのであれば、アップルのサポートページで申しこめばOKです。

キャンドゥで手に入る保護カバーが人気

補償期間外や人為的な破損の場合はどうしたらいいでしょうか。
もちろん新しく買う必要がありますが、何度も同じように壊れてしまうのでは困ってしまいますよね。
新しく買ったケーブルが壊れないように、キャンドゥで買える保護カバーを使ってみるのはいかがでしょう?

断線を防げるカバー

周りの白いカバーが切れてしまっていますね。
こういう壊れ方をする人が結構多いみたいです。
そのまま使っていると断線の危険性も増しますし、電気を通している以上漏電の可能性もゼロとは言い切れません。
既に壊れてしまっているケーブルに使う場合は、トラブルが起きる可能性があるので、新しいケーブルを買うまでの一時的な対応に留めておいた方が良さそうです。

トラブルが起きる前にカバーする!

このカバーは壊れてから付けるものではなく、壊れないように予防として使うのが基本です。
Lightningケーブルを手に入れたら、早めにカバーをしてみてくださいね!

カバーをDIYしている人も!

ケーブルが断線しないようにカバーをしている人の中には、DIYしている人も。
その素材が「おゆまる」だというから驚きです!

作り方も簡単!

好きなおゆまるをお湯で柔らかくした後、キッチンペーパーなどで水分を取り、ケーブルの根元付近に取り付けるだけです!
次のページを読む
1 2
Share:
yukota