DIY

【収納にも便利な優秀アイテム】セリアのドレッシングボトル活用アイディア7選

保存料や添加物が気になる方の中には、ドレッシングを手作りしている人もいますよね。手作り派がよく使っているのが、分量を量って混ぜるのに便利なドレッシングボトル。最近、100円ショップのセリアで販売されているドレッシングボトルが、使い勝手がよくて液だれもしないと高評価。でも人気の秘密はそれだけではありません!キッチン収納に大活躍する、セリアのドレッシングボトル活用アイディアをご紹介します。

高評価のドレッシングボトル

100円ショップのセリアで販売されているドレッシングボトルは、品薄になる店舗もあるほど大人気。
横の部分に必要な材料の目盛りが付いています。
そのラインまでそれぞれ材料を入れ、シェイクするだけでドレッシングのでき上がり。
初心者でも自家製ドレッシングが簡単に作れます。

保存容器としても優秀で、作ったドレッシングはそのまま冷蔵庫で保存できるのも高評価のポイント。
このドレッシングボトルなら料理が苦手な人でも大丈夫。
保存料や添加物が気になる人は、手作りドレッシングに挑戦してみましょう。

ドレッシングを作るだけじゃない!

このセリアのドレッシングボトルは、工夫次第でいろいろな使い方ができるんです。
ここからはマネしたい使い方、活用アイディアをご紹介していきます。

#1 手持ちのドレッシングを詰め替え

写真のように市販のドレッシングを詰め替えて使っている人も…。
例えば家族が大人数で大容量のドレッシングを買っている場合など、大きな容器に入ったドレッシングを出すのもスマートじゃありません。
1種類ならまだしも何種類もドレッシングがあると大変…。
そんな時は、こんな風にセリアのドレッシングボトルに小分けしてサーブするといいですよ。

#2 オリジナルラベルで見やすく

ドレッシングは料理に合わせて何種類も揃えておきたいもの。
でもたくさん種類があればあるほど、冷蔵庫での保存に手を焼きますよね。
セリアのボトルはスクエア型なので冷蔵庫でも整理しやすいんです。
大きめのオリジナルラベルを使ってラベリングすれば中身もすぐに分かって、統一感も出てキレイ。

#3 目盛りを消して使いやすく

他の用途でドレッシングボトルを使う時は、横に入った目盛りが少し邪魔に感じるかもしれません。
この目盛りはシール剥がしや除光液を使うと簡単に消えてくれます。
目盛りを消せば、シンプルで便利なボトルとして使い道も広がり、オリジナルラベルも貼りやすい!目盛りを消すときには、目立たない部分で試してから消してくださいね。

#4 液体系の調味料入れとして

セリアのドレッシングボトルは、調味料入れとして使っている人が多いのも特徴です。
ごま油やオリーブオイル、みりんやお酢など液体系の調味料の保存に最適。
液だれしないのでとても使いやすいんです。
写真のようにオリジナルラベルもお忘れなく!

#5 粉末系もドレッシングボトルにお任せ

液体系の調味料以外にも、砂糖や塩、小麦粉といった粉末系調味料の保管にもおすすめ。
粉末系調味料専用のケースなども販売されていますが、ドレッシングボトルの方が分量も量りやすく、小麦粉もまぶしやすいんですよ。
次のページを読む
1 2
Share: