DIY

ペタンと座れてラクチン♪涼しげな触り心地のロープラグの作り方・使い方

夏は肌ざわりのいいラグの上で、のんびり座って気持ちよく夏の季節を過ごしたいですよね。ホームセンターに売っているロープを使って、可愛い「ロープラグ」を手作りしませんか?グルグルと巻くだけで、おしゃれなインテリアが簡単にDIYできますよ♪涼しい温度は空間の下の方にたまりやすいので、夏こそ床でペタンと過ごす生活がぴったり。サラサラな素材のロープなら触り心地はもちろん、見た目にも涼しげで夏らしいですよ。

夏らしい「ロープラグ」が欲しい!

裸足でペタペタと過ごす夏。
床の上に敷くラグも夏らしい素材のものに変えれば、もっと気持ちよく夏の季節を過ごすことができますよ。
ホームセンターに売っているロープを使って、「ロープラグ」を手作りしてみませんか? ロープラグを敷くだけで、お部屋が一気に涼しげになるので模様替えにもおすすめです。

ロープラグの作り方

作り方はとっても簡単。
グルグルと巻いたロープを接着剤を使って台紙に貼つけ、固定するだけ。
もしほどけるようなら針と糸で縫い付ければしっかりとした造りになりますよ。

たくさんつなげてマットにしよう!

小さなコイルをたくさん作って、つなげる方法もあります。
アシンメトリーなデザインがおしゃれなマットが完成しますよ。

ロープを並べるだけでもOK

同じような要領で、ロープを並べて長方形のマットを作ることもできます。
下に貼付ける台紙で長方形の大きさを決め、その長さより気持ち長めにロープを切って接着剤でとめるだけなので、とても簡単に手作りできますよ。

編み物の要領で作るのもおすすめ!

編み物が上手な人なら、複雑な模様のロープラグを作るのもおすすめです。
コースターを作るように、ロープを使って大きな円のレースを作るように編みましょう。
ざっくり編めば空気をよく通すので、より涼しげなラグになります。

カラフルなロープもおしゃれ!

古着のはぎれをつなげて作ったTシャツヤーンを使えば、カラフルな模様の入ったロープラグになります。
ロープをはぎれでグルグル巻いても同じようなカラフルなロープラグが作れます。

おそろいのグッズも作ってみよう

同じロープを使って、お揃いのグッズを作ってみましょう。
ロープラグを敷いた床に座りながらお茶をするときのコースターや、読みかけの本や雑誌を入れるバスケットをDIY。
トータルコーディネートを楽しみましょう♪
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko