DIY

使いやすいホワイトボックス♪100均の粘土ケースを活用した収納アイデア

粘土を収納する「粘土ケース」が、実はとっても可愛い収納ボックスとして使えるのをご存知ですか?シンプルな形で使いやすく、不透明でフタ付きなので見せない収納にぴったり。小物類を仕分けるのにとても便利なんですよ。さらにラベリングして見分けやすくしたり、デコパージュして表面をおしゃれに彩れば、100円のケースには見えないくらいおしゃれな収納ボックスになります。お部屋のさまざまな場所の収納に活用しませんか?

粘土ケースは収納に便利♪

100円ショップで売られている粘土ケース。
文字通り粘土を収納するケースとして使う方法のほかに、もっとおしゃれに使いやすく収納できる便利なボックスになるって知っていましたか? このように、上面についたシールはすぐにはがせるので、シンプルな形で使いやすい、ニュートラルな印象のホワイトボックスになるんですよ。

ラベリングするとスッキリ使いやすい♪

ホワイトボックスにしたあとは、ラベリング用のシールを貼ったり、直接油性ペンで文字や絵を描くことができます。
表面をデコパージュしてもおしゃれですね♪ このように、収納したときに見分けやすくなり取り出しがスムーズになりますよ。

①マステ収納

粘土ケースは、こまごまとした文房具類の収納に便利。
ペン類のほか、このようにマスキングテープを収納するのもおすすめです! フタの表面に入れたシールを貼っておけば、整理整頓もラクチンで使いやすいですよ。

②クローゼット収納

ハンカチや下着類、ベルトなどのアクセサリーは、粘土ケースにクルクルと丸めて収納しましょう。
クローゼットの中の引き出しにフタを開けて収納するほか、シーズンが過ぎて使わないときもコンパクトにしまっておけます。

③子供のおもちゃ収納

角の丸い粘土ケースは、子ども部屋の収納ボックスにぴったり。
細かいおもちゃを収納するボックスとして活用しましょう。

④冷蔵庫収納

冷蔵庫の野菜室は、そのままですと野菜がバラバラになって使い勝手がよくありません。
粘土ケースのフタと本体を分けて、このように仕切りとして使うと整理整頓が便利!

⑤裁縫グッズ収納

裁縫用のグッズや、マスクなどの医薬品類など、使う用途の限られたものを収納するのに使えます。
粘土ボックスの中に仕切りを設ければ、細かいものもスッキリと気持ちよく収まりますよ。
いかがでしたか? シンプルな形が可愛い、真っ白な粘土ケースを、ぜひお部屋の収納に役立ててくださいね。
Share:
kurokimisa