インテリア

100均のドイリーで可愛い照明をDIY♪レースランプシェードの作り方

100円ショップで売っているドイリーは、レースの編み目模様が繊細な布小物。こちらを使って、シーリングライトのシェードと手作りしてみませんか?ドイリーの隙間からもれる電球の光が、模様のように浮かび上がってとってもエレガント!天井や壁にできる影にうっとりしちゃいますよ♪女性らしいナチュラル系のお部屋との相性もばっちりです。制作費は数百円しかかからないので、ぜひDIYしてみてはいかがでしょうか?

このハンドメイドに必要な材料

  • ドイリー(1〜6枚程度)
  • 木工用ボンド(1本)
  • 水(適量)

このハンドメイドに必要な工具

  • ボウル(1個)
  • 風船やボウルなどの丸い型(1個)

繊細なレースランプは手作りできる!

数少ない天井のインテリアである照明は、お部屋全体の印象をつかさどる重要なアイテム。
エレガントな印象を与えるランプシェードを取り付ければ、お部屋がさらに女性らしく、華やかになりますよ。
買うと高いランプシェードですが、100均素材でDIYすればなんと数百円で手作りできます。

100均のドイリーを活用しよう

使うものは、100円ショップで販売されている「ドイリー」と呼ばれるレースの編み物。
コースターやランチョンマットとして使われているドイリーを活用して、繊細なレースランプシェードを手作りしましょう。

レースランプシェードの作り方

①木工用ボンドを溶かした水に、ドイリーをひたします ②風船やひっくり返したボウルの上に、ドイリーを重ねて置いていきます ③ドイリーがしっかり乾いたら風船またはボウルから外し、シェードとして取り付ければ完成です!

動画でも流れを確認しよう

こちらの動画で、作り方の流れがわかりやすく紹介されています。
ぜひ参考にしながらDIYしてみてくださいね。

電気を消しる間はカフェ風インテリアに♡

豆電球のお部屋でも、シェードがしっかりしていれば安っぽく見えません。
また、レースランプシェードは電気を点けていないあいだもカフェ風の可愛いインテリアとして活躍してくれますよ。

種類の違うドイリーを重ねて

いろいろな模様のレースを重ねて作ることで、より複雑なデザインの照明になります。
また、色を少しずつ変えてもおしゃれですよ♪

楽しく簡単に作れるよ♪

乾かす時間はかかりますが、DIY初心者さんでも非常に簡単に手作りできる照明器具です。
たくさん作ってオーナメントのように天井から吊るしたり、壁にもレリーフのように飾ったりするアイデアも素敵ですね。
安く簡単に作れるので、ぜひランプシェードの手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。
Share:
kurokimisa