DIY

おしゃれなカフェや雑貨屋さんみたい!人気急上昇中のコウモリランを飾ろ♪

街のおしゃれなカフェや ナチュラルな雑貨屋さんによく置いてある、昨今人気な観葉植物「コウモリラン」。個性的な形の大きな葉っぱは存在感があり、気になったことがある方も多いのではないでしょうか。実はコウモリランは手をかけなくても元気に成長するので、自宅で簡単に育てることができるんですよ。シルエットを生かしておしゃれなインテリアとして飾れば、お部屋のセンスがグレードアップします。ぜひ取り入れて下さいね。

気になる観葉植物「コウモリラン」

「コウモリラン」という植物をご存知ですか? 大きな葉っぱが広がる個性的なシルエットは、そこまで植物に興味がなかったひとでも興味津々になるほど。
おしゃれなカフェや雑貨屋さんでよく飾られることも多く、一度見たらとりこになる人もいるのだとか。

癒し効果がある!

植物に多く使われている緑には、疲れた目を癒す効果があると言われています。
大きな緑の葉っぱを持つコウモリランは、緑の面積量が多く癒し効果抜群。
さらに植物を手をかけて育てることによって、愛情と充実感も芽生えます。

コウモリのようなかたち!

横へ広がる大きな葉が、羽を広げたコウモリに見えることからこの名前がつきました。
上から見下ろすと、まるで空を飛んでるよう。
葉っぱがシカの角に似ていることから麇角羊歯(ビカクシダ)とも呼ばれている植物です。

熱帯植物でシダの仲間

ランと呼ばれますが、実は種子をつけないシダ植物の仲間。
原産国は、アフリカ・マダガスカル・東南アジア・太平洋諸島・オーストラリア・南アメリカの熱帯地域で、樹木に着生して育ちます。
日本へは明治時代初期頃に伝わりました。

水を吸う姿は夏にぴったり

熱帯植物であるコウモリランは、暑い夏が大好き。
土が乾いたら、たっぷりと水やりしてあげましょう。
バケツや深めのボウルに水を張って、鉢植えは土が水を吸収するまで、苔玉などのハンギングタイプは10分ほどつけておきます。
水浴びをする姿は、夏らしくてとても涼しげ♪ 土が乾かないうちに水やりをすると、根腐れを起こす可能性があるので気をつけてくださいね。

「いさぎよさ」がいい

コウモリランの大きな葉は、栄養が行き渡らなくなるとポトンといさぎよく落ちます。
そうすることで他の葉に栄養が行き渡るようになり、落ちた葉は土に還り養分になります。

苔玉はハンガーに吊るすと可愛い

コウモリランの育て方は色々あります。
木の板に着生させて壁からレリーフにように吊るすほか、今の季節なら苔玉もおすすめです。
このようにハンガーに吊るすアイデアもおしゃれ! お部屋の中が涼しげな雰囲気になりますよ。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko