DIY

マステでシールを作ろう!フレークシールにすれば使い道も広がるよ!

ついついカワイイ柄を見つけてしまうと手に入れたくなってしまうマスキングテープ。でも余ってしまったり、使い切れなかったりしませんか?そこで、ちょっと余ってしまったマスキングテープをフレークシールにリメイクしましょう!フレークシールにすれば、友達にもあげやすいですし、使い道も広がりますよ!

マスキングテープが余っていませんか?

柄もサイズもいろんな物が出ているマスキングテープ。
「ついつい買ってしまって、中途半端に使ったマステがたくさんある」なんて人も結構多いのでは? 使わないマスキングテープをお友達と交換することも流行っているようですが、未使用ならともかく、半端に使ったマステでは交換もなかなか言い出しにくいですよね? そこで、マスキングテープとして使う予定のないものは、フレークシールにしてみませんか?

フレークシールって?

小さめのサイズのシールで、柄などの形に合わせて切り取られているものを指すことが多いようです。
100均などでも手に入りますし、雑貨屋さんなどでもカワイイ物がたくさん販売されていますよ。
このフレークシールをマスキングテープで作ってみましょう。

用意するもの

●クッキングシート ●好みのマスキングテープ ●ハサミやカッター 家にあるものばかりなのも嬉しいですね。
作り方も簡単。
マスキングテープをクッキングシートに貼り付け、模様に合わせてハサミで切り抜くだけです!

袋に入れて保存すれば、整理もしやすいよ!

フレークシールにすれば手帳に貼ったり、お友達にあげたりもしやすくなりますね。
中身が見える袋に入れれば、整理もしやすいですよ!

余ってしまったマステを活かす手段としてもイイネ!

使うタイミングが減って来てしまったマスキングテープをまた活躍させる手段としても、フレークシールにするのはオススメですよ! せっかく気に入って買ったマステですから、最後まで楽しんでくださいね!
Share:
yukota