DIY

涼しくて動きやすくて丈夫でカワイイ!「もんぺ」が注目されているよ!

「もんぺ」って田舎のおばあちゃんの作業着じゃないの?!と思っている人はいませんか?いえいえ。そんなことはありません。最近のもんぺはカワイイ、動きやすいとファッションに取り入れる人が多いんですよ!これからの季節肌触りもいいので、特にオススメなんです。頑張ればハンドメイドもできますよ!

もんぺってそもそもどんなもの?

元々は胴回りがゆったりしながら、足首は絞ったカタチをしている作業着のようなパンツです。
素材は藤、葛、麻、大麻、木綿などを使っていましたが、今はそれほどカタチも素材も「これではなくてはダメ」ということはないようです。
田舎のおばあちゃんが畑仕事をするときに履いているものと言えば、ピンと来る人も多いのではないでしょうか? 実は、このもんぺがを普通にファッションに取り入れている人が増えているんです!ネットなどでも購入できますので、チェックしてみてくださいね!

なんでそんなに人気なの?

写真のパンツ。
これがもんぺと言われたらちょっと驚く人もいるかもしれません。
最近では柄やフォルムもカワイイ物が増えたこと。
そして、何よりも動きやすい、肌触りが優しく、風通しもいい。
絣などの反物を使って作られていることが多く、丈夫で多少のことでは破れたりしないのも人気の理由なんです。

伝統的な柄もフォルムが違うとスタイリッシュに見える

伝統的な柄だと野暮ったくなってしまうかな?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
昔のもんぺと違ってスッキリしたカタチにしているので、スタイリッシュに見えるんです。

今流行りのガウチョ系のもんぺも!

これがもんぺと言われたら、ちょっとビックリしてしまいますよね。
しかし、こういうもんぺもあるんですね。
「広形(ひろなり)もんぺ」というものなんだとか。
ステキですね。

ハンドメイド好きなら型紙を買うのも手ですよ!

販売しているもんぺは、藍絣や縞木綿で作られていることが多いですが、ハンドメイドならそんなことは気にせず、好きなファブリックを使って作っちゃいましょう!基本的なカタチで作りたいのであれば、型紙を購入するのもいいですよ。
ちなみに写真の型紙は福岡の「うなぎの寝床」で販売されているもの。
確実に手に入れたいなら、通販で買ってしまうのがいいですよ! うなぎの寝床 http://unagino-nedoko.net/ 現代風 もんぺの型紙 1080円(税込) ※送料別

実際に作っている人も!

自分で作るのは微妙な調整もできるので、自分にピッタリの物が作れそう!

まとめ

「もんぺ=ダサい」なんて思っていた人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
柄の多さや伝統にとらわれ過ぎず、豊富なアイデアで、もんぺはどんどん進化しているんです。
履き心地もいいですし、涼しいのでこれからの季節に活躍してくれますよ!ぜひもんぺを手に入れてみてください!
Share:
yukota