DIY

どんどん増えていく「プラレール」の収納ってみんなどうしてる?アイデア集

子供が大好きなおもちゃ「プラレール」。お誕生日、クリスマス、プレゼントでもらって、知らない間に増えていたってことが良くありますよね。車両に線路、駅部品。形もバラバラだから、収納が難しいですよね。1つのおもちゃ箱にまとめて入れると、ぶつかりあった壊れてしまったり、欲しいものが見つからない。そんなプラレールってみんなどうやって収納しているの?便利なアイデアを集めてみました。真似しちゃいましょ♪

無印良品の「ポリプロピレンケース」

無印良品の「ポリプロピレンケース」は、プラレール収納に最適です。
深さがちょうどいいので、電車を入れるとぴったり。
中身が見えるから、すぐに取り出して遊べます。

IKEAの「トロファスト」

子供部屋の収納としてとっても人気な「トロファスト」。
収納ボックスの表面に、何が入っているかをシールで貼ってあげてください。
そうすると、自然に片付けを覚えることができます。
子供が小さい間は、おもちゃの写真を箱にこうやって貼ってあげるといいですよ。
年齢が上がってきたら、ひらがなやカタカナにしてあげましょう。

100均「ファイルケース」

オフィス、デスク周りで使っている「ファイルケース」にプラレールを収納できます。
縦置きできるから、限られたスペースでも整理整頓ができます。
ラベルを貼って、わかりやすくしてあげましょう。

見せる収納棚

これなら、子供も片付ける時にモチベーションが上がります。
綺麗に並べて、子供部屋のインテリアにもなるし、電車のサイズに合わせて、収納棚をDIYしてあげれば、ずっと使えます。

収納棚とバスケットの組み合わせ

電車は、収納棚に片付けて、駅やレールの形がバラバラのものは、バスケット収納に分ける。
これでプラレールが増えても、すっきり収納できます。

プラレール場所を確保

子供部屋が広いスペースがあるなら、プラレール遊びの場所を決めて、枠内にディズプレイするのもありです。
ただし、プラレールの数が増えていくと対応が難しいです。
Share:
MrsAida